くらし

【試して納得】多めの余白がカスタマイズ派に嬉しい、ロングセラーのシンプルな手帳。

新しい年に向けて準備しておきたい、自分にぴったりのまっさらな手帳。40年以上愛される人気商品の理由を探ります。
  • 撮影・多田寛 文・板倉ミキコ

時間に追われながら忙しなく、慌しく過ごすことが大の苦手の私にとって、秋の終盤から時間に余裕があるとし始めるのが、普段出来ない場所の掃除です。

これをしておけば年末を心地良く過ごせ、すごく得した気分になれるのが分かり、ここ数年のルーティンになりました。 忙しない、慌ただしい…。字を見ているだけで心が乱されますし、心を亡くしてしまいそうです。

年末に向かって心の余裕ができたことで、新たな楽しみになったのが、今年の手帳を見返し、来年のまっさらな手帳に目標と予定を書き加えることです。

日別ページは1Pに2日を記載、日曜日のみ1P大のスペースが。予定はもちろん、備忘録やちょっとした日記なども書き込める。

特に2020年、2021年はこれまでにない暮らしが始まり、外出を控えていたからなかなか季節を感じにくく、新月や満月の日、季節の変わり目の土用の期間を手帳に書き加えておくことで、心身のリフレッシュや切り替えにとても役立ちました。

日別ページは自分で線を書き加え、左に予定、右にto do リストを書くスペースとして使っています。
月別ページには土用の期間(立春、立夏、立秋、立冬の前の2週間ほどの期間)を書き加え、心身が新しい季節に切り替わる準備に役立てて。

40年のロングセラーとなるこのクロワッサンの店のオリジナル手帳は、書き込みスペースや余白が多いので、自分好みにカスタマイズできるのがいいんです。

また紙質が上等で、万年筆を使ってもインクが滲んだり裏写りしません。これ、些細なことですが書き味に大きく左右し、日々使うものだからこそ嬉しい点です。

靴用の余り革を再利用した手帳カバー(別売り)。数量限定なのでお気に入りを見つけたら即手に入れたい。
大き過ぎず、小さ過ぎない、書き込むにも持ち運ぶのにも丁度いいハンディサイズ。手帳カバーにはペンホルダーも付いています。

2020年版から新たに加わったあしらいが、クロワッサン編集部で編集した、毎月日別ページの最後の日曜日枠に登場する、季節を感じるミニコラム。

毎月、日別ページの最後の日曜日枠の下部にあしらわれたミニコラム。

暮らしのこと、時期に応じた心や体の変化など、次の月を気持ち新たに迎える区切りになる、句読点のような存在です。

手帳と同じタイミングで用意するのがカレンダー。クロワッサンの店ではスケジュール帳と名付けられていますが、確かに、手帳同様に書き込みスペースがたっぷりあります。

しっかりした厚紙の台紙に入っているので、バインダーのようになり、予定など書き込む時も便利。
オリジナルスケジュール帳(カレンダー)は、落ち着いた色合い。台紙に入れたまま飾っても、一枚ずつ取り出して壁に貼ってもいい。

とてもシンプルでどんなインテリアにも馴染みますので、昨年はお世話になった方への気軽な贈り物に役立ちました。「へえ、こんな便利なものあるんだね」と言われたので、今年もお歳暮代わりに使うつもりです。

新調した手帳やカレンダーを前に、コーヒーやお茶を飲む時間。すきあらば手にしてしまうスマホは傍に置いて、物思いに耽るひとときを過ごします。

今年が無事に過ぎていくことに感謝し、新たな年に向けた前向きな気持ちが湧いてくる、とても贅沢な時間です。(ライター Mikiko)

<商品概要>

■商品名:オリジナル手帳レフィル (税込 1,980円)
■商品名:寄せ集め本革手帳カバー(税込3,300円)※数量限定
■商品名:オリジナルスケジュール帳(税込1,540円)
■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。