からだ

【試して納得】キチンと感もプラスできる、春らしいカーディガンと着心地抜群のカットソー。

着心地がよく、お手入れも簡単。けれども女性らしく、カジュアルなのにどこかちゃんとしている。春のおしゃれ、万能選手を見つけました。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

ちょうど一年前、崩しすぎない、いい塩梅のカジュアルなカットソーを見つけました。

丸胴カットソーと名付けられた一品は、胴回りは縫製が一切ない作りなので、不快に感じる部分がありません。心地よい肌さわりで透け感も気にならないから、自信を持って一枚でも着こなせるコーディネイトの万能選手でした。

ロングシーズン活躍する働き者のカットソーに今春加わったのが、ボートネックのニューバージョン。

丸首に比べて、女性らしい雰囲気が際立つボートネック。

既存のタイプは、首回りがTシャツの延長のようなユニセックスの丸首でしたが、ボートネックになっただけで、女性らしいニュアンスが加わるから不思議です。

ゆとりのあるアームホールと、体型を拾いすぎず、でも見た目はスッキリな付かず離れずの絶妙なフィット感はそのまま。女性らしい手首を強調できる8分袖も健在です。

絶妙にフィットするシルエット。パンツにもスカートにも合う。
ボートネックタイプは、丸首タイプより身幅がゆったりめ。ボトムにインしてもいいし、外に出して着てもバランスの取れる丈。

ラクとおしゃれを行きつ戻りつする、妙齢女性のファッションセオリーにばっちりハマる一枚。コーディネイトしやすいネイビーやブラックなどの色展開で、旅先などでも着まわしに役立ちます。

ソフトな風合いを追求した極甘撚糸は伸びが良く、着心地抜群。

さてさて、春のファッションと言えば、カットソーだけでなくカーディガンも見逃せません。ジャケットほどではないけれど、一枚羽織るとどこかキチンと感がプラスできるのがカーディガンの強み。

こちらはさらに身頃の裾にリブがないので、ストンとしたシルエットになるから、ニットジャケットと呼びたい雰囲気なんです。

カーディガンはストンと落ちるシルエットでどんな体型の人にも似合う。
手首周りのリブは少し長めに仕上げてあり、エレガントな印象。

綿100%の強撚糸で編んだ、厚地でシャリ感のある生地は着崩れることがなく、ネットに入れて洗濯機で洗える堅牢さも兼ね備えています。

昨年見つけ、発色の良いブルーを購入しましたが、この春の新色・ライトグレーにまた惹きつけられてしまいました。他で見たことのないグレー。薄いグレーの奥に、春先に若葉が芽吹く柳の色を孕んでいるように見えるんです。和を感じさせる色でもありますが、この色が結構万能。淡い色だけで組み合わせても素敵だし、ネイビーやブラックなど濃い色の差し色にも、黄色やグリーンなどビビッドなカラーとも好相性なんです。
春のファッションは、カラーコーディネイトを楽しみたくなるもの。このカーディガンはデザインがいたってシックだから、ワンピースにも、シャツコーデにも、と、出場機会が増えそうです。(ライター  Mikiko)

<商品概要>
■商品名
8分袖丸胴コットンカットソー (ボートネック) (税抜4,900円)
綿100%ボトルネックカーディガン(税抜 7,500円)
■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。