くらし

カレーで新感覚!厚焼き卵サンド【今井亮さんのレシピ】

残ったカレーをパンに詰めたり挟んだり、定番のサンドイッチにカレー風味を足したり。
ほんのひと工夫で新しい味に出合えます!
  • 撮影・小川朋央

厚焼き卵サンド

[食パン 6枚切り]
【ポイント】「カレー粉は卵に溶けにくいので、焼く前によく混ぜて。カレー粉とのバランスで、いつもの出し巻き卵より、焼き色をしっかりつけて仕上げるようにしてください」

カレー風味の卵焼きで、新感覚な関西定番サンド。

【材料】
食パン2枚
卵3個
サラダ油適量
マヨネーズ適量
A[出汁1/4カップ カレー粉小さじ1 しょうゆ小さじ1 みりん小さじ1 塩少々]

【作り方】
1.ボウルに卵、Aを入れてよく溶く。
2.卵焼き用フライパンにサラダ油を弱めの中火で熱し、卵液を1/3量入れてさっとかき混ぜ、固まってきたら手前に返す。これを3回繰り返す。
3.食パンにマヨネーズを薄く塗り、2をのせて挟み、耳を落として十文字に切る。仕上げに好みでカレー粉(分量外)をふる。

※卵焼きはパンの大きさに合わせて切るとよい。

今井 亮

今井 亮 さん (いまい・りょう)

料理家

雑誌やウェブなど幅広く活躍。中華料理を中心とした料理教室も主宰。著書に『きちんとおいしい!超早っ!ひとり分ごはんレシピ』など。

※材料はすべて作りやすい分量。

『クロワッサン』1045号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。