くらし

薬膳クリエイターに教わる、カレーのスパイスの健康効果。

中国では生薬として用いられるカレーのスパイス。その働きと簡単で効果的な使い方を、薬膳の専門家に教わりました。
  • 撮影・小林キユウ 文・一澤ひらり

実は使える、カレーのスパイス。 薬膳レシピで不調を解消。

カレーは薬膳の小さな宇宙。使われるスパイス一つひとつに効能があり、使い分ければ健康効果が得られる、と薬膳クリエイターの阿部ららさん。

「とくに、医食同源の考え方から中医学理論に基づいて食材と生薬を組み合せた薬膳を生み出した中国では、スパイスも薬として使われます。生薬としての名前がついていて、スパイスは効果効能が大きなものとして昔から重宝されてきたんですよ」

たとえばカレーの色づけ役のターメリックは生薬ではウコン(漢名は姜黄(きょうおう))と呼ばれ、気と血のめぐりをよくして鎮痛作用がある。刺激的な香りを生むクミンは生薬の名はズーランと言い、消化促進作用があるなど、スパイスがもたらす効能は素晴らしく多彩だ。

「中国には『孜然爆羊肉(ズーランバオヤンロウ)』という家庭料理がありますが、クミンの香りが羊肉の臭みを消して旨味を引き出すんですよ。カレーに使われる多くのスパイスは、どれもパワフルな生薬であるとともに、薬膳料理のベースにもなるのです」

カレーのスパイスは熱性か温性、体を温めて冷えや滞りを取る。

食養生で心身のバランスを整えて健康を維持するというのが、薬膳の考え方。生薬だけではなく、食材にも効能があって病気を未然に防ぐ力を持つ。

「中国では自然界の全てが陰と陽に分けられ、5つの元素でバランスを保っている『陰陽五行説』という哲学があり、これは漢方・薬膳でも基本の思想です。食材は五性(寒性、涼性、平性、温性、熱性)に分けられますが、カレーのスパイスは熱性か温性で、体を温めるものばかりなんです」

熱性・温性の食材は気のめぐりをよくし、血行を促進して代謝を高めるのに役立つ。香り高いローリエは温性で、ブラックペッパーは熱性。熱性は温性よりも強く温める作用がある。

「食材には、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹(かん)(塩辛い)味の五味があります。スパイスは辛味が多く、発汗作用を促し、体の冷えや気分の落ち込みを改善して、痛みを緩和する効果があるんですよ。スパイスは少量で体をぽかぽかにしてくれますから、日々の料理に使ってその効能を余すことなく体に取り入れて体調をケアしてほしいですね」

冷え体質が多いという日本の女性にはスパイスは心強い相棒。まさに“腹心の友”となってくれるに違いない。

【カレーによく使われるスパイスで体はぽかぽか。】

(1)クミン

孜然/ズーラン
五性・五味/熱性・辛味。効能/滋養強壮、消化促進に効果があり、肝臓の老廃物の排出を助ける。ストレスの緩和や不眠にも効果的。使用上の注意/便秘や痔のある場合は控えめに。豆知識/牛肉や羊肉との相性がよく、カレーや羊肉料理を食文化とする国々で愛用される。ホールタイプは油で加熱することで香り高くなる。

(2)ターメリック

鬱金 /ウコン
五性・五味/温性・辛苦味。効能/気と血のめぐりをよくし、腹痛や生理痛などの痛みを緩和する。肝機能を高め、二日酔いの予防や疲労回復に。使用上の注意/料理に入れすぎると食味が落ちる。豆知識/中国では唐の時代から使われ『本草綱目(ほんぞうこうもく)』にも記載されている。風邪が流行する時季には、塩水に混ぜてうがいをするとよい。

(3)コリアンダー

胡荽子 /コズイシ
五性・五味/温性・辛味。効能/消化を促進させ、胃もたれやむかつき、便秘、下痢など胃腸のトラブルに効く。腸管内のガスを排出させる「駆風剤」にもなる。また発汗を促し、体表に出切らない発疹や蕁麻疹を表出させて治す。使用上の注意/炎症性や熱が原因の発疹、冷えや風邪が原因ではない発疹の場合は摂らないこと。

(4)レッドペッパー(赤唐辛子)

蕃椒 /バンショウ
五性・五味/熱性・辛味。効能/血行をよくし、体を温めて発汗を促し、新陳代謝を高める。胃液の分泌を促して食欲増進にも効果がある。使用上の注意/辛味の主成分であるカプサイシンを摂りすぎると、粘膜が傷つき、喉や胃が荒れてしまうことがあるので食べすぎには注意を。豆知識/カプサイシンは熱に強く、油によく溶ける。

(5)ローリエ

月桂葉 /ゲッケイヨウ
五性・五味/温性・甘味。効能/頭をスッキリさせ、消化力を低下させるストレスや不眠などの要因を解消し、消化を促す。血のめぐりをよくし、痛みや炎症を抑える。使用上の注意/血行をよくするが、妊娠中はやや控える。料理で煮込む時は1枚で充分。入れすぎると苦味が出る。豆知識/清涼感のある芳香で、肉、魚介の臭み消しに。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。