くらし

鶏肉がやわらか、はちみつバターチキンカレー【稲田俊輔さんのレシピ】

たくさんのスパイスを使わなくても、絶品本格インドカレーが簡単に作れるレシピを、南インド料理専門店、総料理長の稲田俊輔さんに教わりました。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・矢口紀子 文・斎藤理子

鶏肉をヨーグルトでマリネ。はちみつバターチキンカレー

【材料(2人分)】
鶏もも肉小1枚(160g)
A[ヨーグルト大さじ2、おろしにんにく小さじ1、おろし生姜小さじ1、塩小さじ1/3、基本のミックススパイス(※詳しいレシピは下記参照)小さじ1、ガラムマサラ小さじ1/2]
バター大さじ1 強
トマト水煮缶200g
はちみつ大さじ1
塩小さじ1/2
生クリーム大さじ4

【作り方】
1.鶏もも肉は皮を取って一口大にカットする。
2.1とAを合わせ、20分〜1日なじませておく。
3.バターを熱し、合わせておいた鶏肉を表面の色が変わるまで焼く。
4.トマト水煮缶、はちみつ、塩を加え、混ぜ合わせながら中火にかけ、沸騰したら蓋をして10分煮込む。
5.生クリームを合わせ、軽く煮て完成。

「ヨーグルトでマリネすることで鶏肉が柔らかくなります。トマトとクリームのソースで軽く煮込んだ、マイルドなチキンカレーです」

1.基本のミックススパイス、ヨーグルトなどで、鶏もも肉をマリネしておく。
2.バターが完全に溶ける前に鶏肉を入れる。中まで火を通す必要はない。
3.鶏肉に焼き色がついたら、トマト水煮缶とはちみつ、塩を加える。
4.沸騰したら蓋をして煮込む。生クリームは最後に混ぜ合わせる。

基本のミックススパイスのレシピ

4つのスパイスを同量で。 【基本のミックススパイス 。】

今回紹介する料理は、すべてこのミックススパイスを使います。多めに作って瓶に入れておけば、いつでも本格カレーが作れます。

【材料(基本の分量)】
コリアンダーパウダー10g
クミンパウダー10g
ターメリック10g
カイエンペッパー10g

【作り方】
全部を一つのボウルに入れよく混ぜる。スパイスの分量の割合は同量が原則。計量したほうが正解だが、小さじ2ずつでも可。

混ぜた状態。市販のカレー粉とはまったく違った色合い。
【ターメリック】鮮やかな色合いを演出し、どっしりとした風味がスパイスミックスの土台に。
【クミン】いかにもインドカレーらしい強い香り。どんなカレーにも欠かせない。
【カイエンペッパー 】完熟した唐辛子を乾燥させたもの。インドカレーの辛さと色味を担う。
【コリアンダー】穏やかで爽やかな風味が全体をまとめる、調和のスパイス。
稲田俊輔

稲田俊輔 さん (いなだ・しゅんすけ)

エリックサウス総料理長

料理人兼飲食店プロデューサー。南インド料理専門店「エリックサウス」創業者。最新刊『だいたい1ステップか2ステップ! なのに本格インドカレー』(柴田書店)が大人気。初のエッセイ集『おいしいもので できている』(リトル・モア)も話題に。

『クロワッサン』1045号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。