くらし

「豚こま甘辛梅漬け」と展開料理「豚と長芋の梅炒め」【ぐっち夫婦の下味冷凍レシピ】。

共働きの料理家夫婦ならではの技が光るレシピが人気のぐっち夫婦。「下味冷凍」は常備しておくと安心、大いに頼れます!
  • 撮影・三東サイ スタイリング・遠藤文香 文・小沢緑子 撮影協力・UTUWA

[下味冷凍]豚こま甘辛梅漬け

梅の酸味が新鮮。いつもの豚こまがさっぱり和風味に。

【材料】(1袋2人分)
豚こま切れ肉300g
A[醤油大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ1、梅干し1粒(塩分8%)]

【作り方】
1.梅干しは種を除き、刻む。
2.保存袋にAを入れ、混ぜる。
3.豚肉を加えて揉み込み、空気を抜いて薄く平らにする。
4.冷凍する。

〈ほかにも合う食材〉 鶏もも肉、白身魚

[展開料理]豚と長芋の梅炒め by SHINO

長芋のシャキシャキ感とほんのり梅味の豚肉で後味爽やか。

【材料】(2人分)
豚こま甘辛梅漬け1袋
長芋200g
大葉1枚
サラダ油大さじ1

【作り方】
1.長芋は5mm厚の半月切りにする。
2.フライパンに油を熱し、甘辛梅漬けの肉を入れる。水大さじ1を入れ、蓋をして中火で蒸す。
3.肉の色が変わってきたらほぐし、長芋を加えて炒め合わせる。
4.皿に盛り、ちぎった大葉を飾る。

〈ひとことアドバイス〉 長芋の代わりに、くし形切りにしたカブを炒め合わせても。

[もう1品!]豚こま梅カツ by Tatsuya

豚こま甘辛梅漬け1袋を流水で半解凍させる。
食べやすい大きさに丸め、薄力粉大さじ1をまぶして成形。
卵1個と薄力粉大さじ2を合わせたバッター液にさっとくぐらせ、パン粉を適量つける。
170度の油で4〜5分両面を揚げる。

下味冷凍&調理のポイント。

保存袋に調味料と肉や魚介を一緒に入れて揉み込んでから冷凍した半作り置きの「下味冷凍」は、ぐっち夫婦の実生活から生まれたレシピ。

「共働きだと夜、ごはんの準備をイチからするのは大変。でも一日の終わりはやっぱりおいしいもので締めくくりたい」(Tatsuyaさん)

「それもあってうちではよく食材を冷凍保存しているのですが、肉も魚介も下味をつけてから冷凍したほうがおいしいし、調理のときもラクだよね、といつも話していて」(SHINOさん)

「だったらいろいろ下味を工夫してみよう!と試しているうちに完成したレシピです」(Tatsuyaさん)

おいしくなる理由は、保存袋であらかじめ調味料が食材に行き渡るように揉み込むため。さらに冷凍することで食材の細胞内の組織が壊れ、下味がより浸透し素材の柔らかさや旨みが増す。冷凍だと約1カ月保存できるのも利点。

「下味がよくしみこんでいるので、余り野菜と一緒にただ炒めるだけでも手間をかけたような味わいに。料理のバリエーションも増えるので便利に使ってみてください」(SHINOさん)

1.【調味料と食材を入れて揉み込む。】冷凍用保存袋に調味料を入れ、溶け残りがないようしっかり混ぜ合わせる。食材を入れて下味がまんべんなく行き渡るよう揉み込む。
2.【空気を抜き、平らにする。】冷凍保存中に酸化し風味が落ちるのを防ぐため、空気をしっかり抜く。冷凍や解凍もしやすいよう、なるべく薄く均一に広げて平らに。
3.【蓋をして蒸し焼きにする。】冷凍室から取り出したらそのまま調理。フライパンの場合、水大さじ1〜2を加え全体に熱が早く回るように蓋をし、蒸し焼きにする。
4.【ほぐしながら炒める。】食材の色が変わってきたら蓋を外して炒める。解凍しにくい中心部はときどき食材を広げ、ほぐしながら加熱すると火が早く通る。
ぐっち夫婦

ぐっち夫婦 (ぐっちふうふ)

料理家

TatsuyaさんとSHINOさんの夫婦料理家ユニット。SNSやYouTubeで発信する、日々の食に寄り添うレシピが好評。本誌オンラインでも連載中。2月18日に『ぐっち夫婦のお弁当大作戦』(家の光協会)を刊行予定。

『クロワッサン』1039号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。