くらし

白米にもお酒にも! 週末に常備したいにんにくの芽の豆板醤炒め【ヒャダインの台所 Vol.41】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインで連載スタート!
今回は2月10日発売のクロワッサン最新号『作り置き&半作り置き料理。』特集に合わせて、作り置きレシピを紹介してもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

今回のテーマ、常備菜ということで基本常備菜はいつも2品くらい冷蔵庫にあります。小松菜やほうれん草をシリコンスチーマーで蒸して牡蠣醤油をかけただけ、とか、鰹節をかけただけ、とか簡単なものが多いですが。
あとブロッコリー。ちょっとお腹がへったときにパパッと食べられるのはQOL、クオリティーオブライフが上がりますね。

で、最近豆板醤のチューブを買ったんですよ。今まで瓶だったんですが絶妙に使いにくく、あまり手が伸びなかったんですがチューブだと使いやすいですねえ。ちゅるるーって出すだけで味が強くなる! 今回はにんにくの芽で中華風の常備菜を作りました。にんにくの芽って量のわりには値段安いですよね。でも確かに用途が限られるかも。香りもいいし、火をかけたら甘みも出るしいいですよね。今回は中華だしと豆板醤で強めに味付けしたのでご飯のお供にもなるしお酒のつまみにも最適。火の通しすぎだけ注意!

【にんにくの芽の豆板醤炒めのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>
にんにくの芽 1束
中華だし 適量
豆板醤 適量
ごま油 適量

作り方
1. ごま油をフライパンにひく。
2. ある程度熱したら食べやすい大きさに切ったにんにくの芽を投入、50秒ほど炒める。
3. 中華だしと豆板醤を絡めてできあがり!
(豆板醤は辛いの好きな人はかなり入れてもいいと思います)

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。