くらし

「活ける」を思い浮かべてうつわを選ぶ。挿花家、雨宮ゆかさんの食器棚。

料理に合わせてうつわを選ぶのは、服のコーディネートを考えるのと同じこと。自分に似合う一着にこだわるように、あなたの料理が美味しく映えるひと皿を選び抜きましょう。とりあえず、丈夫だから、扱いやすいから……。
そんな理由で同じ食器ばかり使っていてはつまらない。色やサイズ、形を替えれば同じメニューが見違える。旅先で出合ったうつわ、受け継いだ一枚は物語を添えてくれる。日々の食卓が豊かに変わるうつわレッスン、スタートです。
  • 撮影・雨宮秀也  文・太田佑子

「食べる」より先に、「活ける」を思い浮かべて、うつわを選ぶ。

自然のなかにある野の花を、そのまま写し取るように活ける挿花家、雨宮ゆかさん。食器を花器としても使うことの多い雨宮さんのうつわ選びは、

「花を活けたらどんなかんじかな、というイメージが先にあります」

ニュアンスの違う白い皿や鉢、灰色がかったブルーの角皿。水屋に収まったうつわは自然な色合いのものが多い。

「1段分空けて、水屋に季節の花を飾ります。ガラス越しに眺めるのもいいし、花の場ができると思って。場に合わせてうつわを選び、花を選びます」

以前、町中の集合住宅に住んでいたときはどっしりとした土ものが好きだったのが、緑に囲まれた今の家に越してからは、光をきれいに通すガラスにも心惹かれるようになったという。

「花を入れて映えるうつわは、だいたい料理にも合う。自分の暮らす空間に合ったうつわがあれば、じゅうぶんだと思っています」

かき揚げ、干物にも。なんでも受け止める 新宮州三さんの長角皿。

新宮州三さんの2回目の個展のときに買い求めた長角皿。おそらく栗の木で、10年近く使っている。「刳(く)りものならではの手当たりの柔らかさが心地よく、縁のエッジが立っていないのもふだん使いに気が張らなくていい。拭き漆仕上げなので、油ものも気になりません」

かき揚げや天ぷら、干物などものせるし、角皿なので魚の収まりもいい。

生地から漆まで一貫して手掛ける新宮州三の長角皿は、木材を刳りぬいて作られ、柔らかさのなかにも独特の風格がある。26×18.5cm。

忙しい朝を落ち着いて過ごすための、定番メンバー。

花の卸市場に行くなど、雨宮さんの朝は早く、慌ただしい。「だからほとんど毎朝、ホットサンド。具で野菜も摂れるし、手軽ですから」。うつわは、パンの収まりがよく、気軽に使える三谷龍二さんの四角い木皿で、コーヒーはイッタラのカップ。「毎日のことなので定番が決まっていると落ち着きます」

ヨーグルトはバーバラ・アイガンのボウル、スプーンは金工作家・竹俣勇壱と新宮州三の共作。木の器(一辺18cm)の材は神代杉。パンは自家製で、夫の秀也さんが、食パン、フランスパン、バターロールの3種を焼いてストックしている。

母の食器棚から選んだブルーの小皿に花を活けて。

持ち手がついたような小さなブルーの皿とカットガラスの小鉢。「最初から花を活けるつもりで母に譲ってもらいました」。昭和を思い出させる、どこか懐かしい佇まい。「たぶん、小皿はナッツなど父のおつまみを入れていたような。きれいなブルーで、今のうつわにない雰囲気が新鮮です」

ブルーの小皿は、おそらく「たち吉」のもの。持ち手含めて長さ10cm。庭に咲くツヅラフジのつると、ホトトギスを入れて。カットガラスは大鉢とのセットで、子どもの頃、そうめんなど食べた思い出も。

生活から物を減らしても、 一生、連れ添っていくつもりのうつわ。

「年をとったら思考も身軽でありたい。そのためには物からも身軽になったほうがいいんじゃないかな」

母の介護を通じて、だんだんそんな思いを抱くようになったという雨宮さん。まだまだ先のことではあるけれど、その時期が来てもこれだけは持っておくつもりのうつわがある。「白い大皿と2種類の三組椀。白い大皿はシンプルで丈夫、毎日使って飽きません。三組椀は取り皿に、汁椀にも、丼にもなります。質が良くて長く使えるものだからこそ、物が少なくても心豊かに暮らせそうです」

大皿はアメリカのラッセル・ライト。直径23cm。三組椀はいずれも赤木明登。「夫が友人で、黒いほうを最初にいただき、後から赤を購入。20年近く使い続けているので、艶も出ていい色になってきました」。黒(最大幅)直径15cm、赤13cm。
雨宮ゆか

雨宮ゆか さん (あめみや・ゆか)

挿花家

日常にある花を活ける教室「日々花」を主宰。オンラインレッスンも開催。著書に『花ごよみ365日』。高さ150㎝ほどの重々しくなく、シンプルな水屋は塗師の赤木明登さんの紹介で見つけた。

※この号で掲載したうつわは、作家ものなど、雑誌発売時に店舗に同じものの在庫がない場合もあります。ご了承ください。

『クロワッサン』1032号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。