くらし
更新:

プロに教わる、健康を保つための寝室の掃除術。

住まいの中でも、特に衛生状態が健康に影響を及ぼす場所の一つ、寝室。
体調を良好に保つために、汚れの特徴と効果的な掃除方法を「ミニメイド・サービス」の星野八潮子さんに聞きました。
  • 撮影・中島慶子 文・菅野綾子

【寝室】 

掃除時間目安 60〜90分

アレルギーの原因にもなるハウスダスト、ダニを除去。

微細な汚れが多い寝室では、くしゃみやかゆみなどが起きる人も。

「カーテンやベッドリネンといった布物があるため、家の中でも特にホコリが積もりやすい場所。また、普段はそこまで目につかなくとも、窓ガラスやエアコンなどもけっこう汚れています」(星野さん)

比較的広いスペースだからこそ、掃除の順番にも注意が必要。

「風の流れに沿ってホコリも移動するため、部屋の奥からスタートして、入り口で終わるという動線を意識してください」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。