くらし
更新:

【歌人・木下龍也の短歌組手】添い遂げるつもりがないから見ないふり。

第41回全国短歌大会大会賞を受賞して以降、精力的に活動を続ける歌人・木下龍也さんが読者の短歌にコメントをする連載『短歌組手』。毎週金曜日夜に更新をしていきます。

〈読者の短歌〉
犬歯とは井村屋あずきバーを食うときだけ主役になる歯のことです

(四辻さる/女性/テーマ「犬」)

〈木下さんのコメント〉
舐めたら負け、噛み砕いてこそ勝ちでお馴染みの井村屋あずきバー。そのために神は人間に犬歯を与えてくださったのです。

〈読者の短歌〉
強風に髪を食べさせられながら

こんなはずではなかった海辺
「ロマンチックな場所が、ロマンチックじゃなくなる瞬間を切り取ってみました。」
(平井まどか/女性/自由詠)

〈木下さんのコメント〉
金八先生のモノマネの練習には最適なシチュエーションですね。

〈読者の短歌〉
あといくつ夜を殺せばきみのこと忘れた朝がくるのだろうか

(一ノ瀬ケイ/男性/自由詠)

〈木下さんのコメント〉
数えているうちはこないタイプの「朝」ですね。

〈読者の短歌〉
添い遂げるつもりはなくて重課金癖にも口を出さないでいる

(天乃せつな/女性/テーマ「恋人」)

〈木下さんのコメント〉
何も言われないということが寛容によるものなのか、無関心や諦念によるものなのか、相手の本心はわからない。この短歌の場合は添い遂げるつもりがないから(無関心や諦念によって)何も言わないってことなんですが、添い遂げるつもりがあるから(寛容によって)何も言わない、添い遂げるつもりはないが(そういう性格だから)忠告する、添い遂げるつもりがあるから(将来のことを考えて)忠告する、とかいろんなパターンがあるからやっかいだよなあ人間ってのは。

〈読者の短歌〉
寒がりの犬をください雪の日に抱きしめさせてもらえるような

(えんどうけいこ/女性/テーマ「犬」)

〈木下さんのコメント〉
サンタさん、おれにもたのむ。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。