くらし

貼って剥がせる壁紙でクイック模様替え。

いまの住まいでもっと素敵に暮らしたい、でも大掛かりなことはなかなか……。そんな人のために、インテリアスタイリストの矢口紀子さんが自宅で実践している知恵を公開。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・矢口紀子 イラストレーション・酒井真織
特別な道具もいらず、数時間あれば貼れる壁紙。乾くのを待つ時間も不要。部屋がギャラリーのような雰囲気に。シェルフ〈W85×H85×D35cm〉8万2000円(MOEBE/ラウンドロビン TEL.03-5542-0658) フレーム8,000円(MOEBE)、フレーム中のポスター3,000円(スティルレーベン/共にアクタス TEL.03-5269-3207) 水色のボウル3,600円(ローゼンダール社 コペンハーゲン/SUU TEL.011-633-7577) スピーカー5万7000円(vifa/メトロクス TEL.03-5777-5866) 緑色のミニベース〈デザイン違い3個セット〉7,000円(ケーラー/スキャンデックス TEL.03-3543-3453) グレーのジャー1,800円、ガラス ベース4,800円、ラグ3万6000円(以上オルネ ド フォイユ) *ウッドボウル・文房具等はスタイリスト私物、スツールはスタジオ備品

海外ドラマによく、部屋の壁を自分で塗り替えてリフォームする場面がある。住まいの雰囲気がガラリと変わって憧れるけれど、賃貸のマンションではなかなか真似しにくいもの。

「その日本の住宅事情に沿った、気軽に貼って剥がせる壁紙が便利です」と矢口さん。糊もテープも不要で、裏紙をめくればすぐ貼れる。元に戻すには端から剥がすだけで、跡も残らない。

「使いかたのおすすめは、部屋の1面だけ貼ること。気軽なのに、違う家に来たようなリフレッシュ感があります」

貼ってはがせてのり残りしない壁紙 北欧シリーズ/ネイビー 90×250cm 3,980円(菊池襖紙工場 TEL.048-925-1247)

丁寧な貼り方の説明付き。日本製。

矢口紀子(やぐち・のりこ)さん
インテリアスタイリスト

雑誌やカタログでの雑貨・インテリアのスタイリングを中心に、ショップやハウスメーカーのディスプレイも担当。スタイリッシュで使いやすいものの選択眼に定評がある。

『クロワッサン』1030号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。