くらし
更新:

切ったままの布をクリップで吊るして、カーテンに。【インテリアスタイリストの知恵】

いまの住まいでもっと素敵に暮らしたい、でも大掛かりなことはなかなか……。そんな人のために、インテリアスタイリストの矢口紀子さんが自宅で実践している知恵を公開。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・矢口紀子 イラストレーション・酒井真織
洗濯機で手軽に洗えるのもうれしいところ。カーテンポール1,800円(アンブラ/オルネ ド フォイユ TEL.03-6876-7832) 花瓶8,500円(オルネ ド フォイユ) *椅子はスタジオ備品

オーダーすると意外と高額なカーテン。そのため1回作ってしまうと多少飽きがきても替えにくい。

矢口さん宅のカーテンは、リネン地を裁断し、クリップで吊るしたもの。

「今の家に越してきたばかりのとき、ちょっと間に合わせのつもりで作ってみました。そうしたら部屋への光の入りかたが存外に美しく、これで充分だなと。端を縫う必要もありません」

遮光効果に欠けるかと思ったが、

「明るい時間には部屋を明るくするのが自然でよいと思いました」

布の幅は、窓の幅の1.5倍を用意すると、程よく美しいドレープが出る。

カーテンクリップ ブラック 6個入り 380円(POSH LIVING https://www.poshliving.net/) 

上の写真で使用したリング付きクリップ。

コノビークリップシルバー12個入り 547円〈税込〉(ユザワヤ オンラインショップ https://www.yuzawaya.shop/smartphone/ TEL.0282-67-2121) 

カーテンレールがある場合はこのタイプを。

無染織の麻100%の布。「少し端をほぐしてフリンジ風にしてもいいですね」

矢口紀子

矢口紀子 さん (やぐち・のりこ)

インテリアスタイリスト

雑誌やカタログでの雑貨・インテリアのスタイリングを中心に、ショップやハウスメーカーのディスプレイも担当。スタイリッシュで使いやすいものの選択眼に定評がある。

『クロワッサン』1030号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。