くらし
更新:

布使いのひとワザで魅せる、インテリアデザイナー小林マナさんの空間作り。

自分がなにを好きで、家でどう過ごしたいか。暮らしを決めるのはそういうことだと、緑と色彩に溢れた家が教えてくれました。
  • 撮影・柳原久子 文・一澤ひらり

シンプルな空間、だから際立つ北欧の色使い。

公園の森を借景に、移ろう自然を眺望できるリビング。夫婦それぞれの趣味のものは置かないのがルール。

シンプルな空間を作って、主役はカラフルに、が基本。

木々の緑豊かな都内の公園と隣り合って住んでいる小林マナさん。1階は夫の恭さんと設立した設計事務所で、2階が夫妻の自宅となっている。

「2階にあるリビングの北側は公園の森に隣接しているので、大きなガラス窓にしたんです。緑と光にあふれ、家がゆるやかに自然とつながって、本当に森の中に住んでいるみたいです」

緑に包まれたエントランス。黒の外観は風景に溶け込む。

さらに、全面ガラス張りの壁面にも目を奪われる。ここには夫妻の好きなアート作品を飾って、まさにプライベートギャラリーの趣だ。

「扉付きにすれば猫がモノを壊す心配もないので、ガラス扉の収納にしました。このスぺースには2人で共有しているアートをディスプレイしています。夜は夫と、美術館でゆったりとお酒を飲んでいるような気分を楽しむんです

夫妻がくつろぐ椅子やソファをおおうカラフルなファブリックも魅力的だ。

「このリビングは、白い天井と壁、シンプルな木目のヘリンボーンの床というニュートラルな空間になっています。だから鮮やかな色合いや大胆な柄の布でもなじむんです。うちにはカーテンがないので、色のバッティングもありません。椅子やソファに布をまとわせるだけで、空間の雰囲気を大きく変えられるんですよ」

たとえば夫の実家から譲られた1人掛けソファ。結婚当初から様々なファブリックでおおい、生活を彩ってきた。

「マリメッコの仕事でフィンランドに通っていたとき、自然と共生しながら生活を大切にする北欧のライフスタイルや明るい布使いに魅せられたんです。ことに東日本大震災以降、モノを減らすほど気持ちよく暮らせるし、シンプルに暮らすことが空間も生かせることに気がつきました。余白があってこそ、アートも色彩も引き立つんですよね」

【白で統一した空間には、ビビッドな布地が映える。】クッションカバーはマリメッコ、正方形のクッションをおおうのはミナ ペルホネンのカバー。基本的なトーンが共通し、なじみ合う。
【ファブリック次第で、古いソファも変身する。】右は夫の実家にあった1人掛けソファで、生地を張り替えずに鹿児島睦デザインの布でおおい、左のソファは猪熊弦一郎デザインの布を。
【扉を閉めればスッキリ、収納式ミニキッチン。】リビングの収納扉を開けるとシンクがついたミニキッチンが出現! ボトルやグラスも収納でき、夜に夫妻でお酒やデザートを楽しむ。
【デッドスペースを布類の収納庫に活用。】廊下の引き出し式の収納庫には、夫妻が買い集めてきたマリメッコの布をはじめ、ベッドカバー、ブランケットなどが収納されている。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。