くらし
更新:

ツレヅレハナコさんの理想が詰まった、台所が主役の家。ひとり暮らしの一戸建てで実現。

「好きなものを妥協したくない」の思いから、家を建てた編集者のツレヅレハナコさん。愛するものに囲まれた新居を訪ねました。
  • 撮影・津留崎徹花 文・高田真莉絵
2階にあるキッチンは天井が高く、光と風がめぐる空間。広々とした作業台は使い勝手抜群。友人を呼んで一緒に料理をすることも。

機能とデザイン性を兼備し、 隅から隅まで理想を追求。

土地を購入して一から新居を建てた、編集者のツレヅレハナコさん。意外にも当初は家を建てるつもりはなく、中古マンションを探していたというが、

「好きなもの、欲しいものがはっきりしているので、マンションだとなかなか理想の物件に出合えなかったんです。でも、家に妥協をしたくなかったので、マンションを買うという発想を転換して家を建てることにしました」

建築家の坪谷和彦さんが作った、新居の模型。記念にとっておいてリビングに飾っている。

料理好きのツレヅレさんが家を建てる際に最優先したのは、なんといってもキッチン。クローズドタイプで、横から光が差し込むことが必須条件に。

「前に暮らしていたマンションで一番気に入っていたのが、コンロに差し込む光だったんです。その点は新居でも踏襲したいと考えていたので、建築家さんに『キッチンにサイド光が入るようにしてほしい』と、最初にお願いしました。そのかいあって、家の中でここが一番好きな場所に。特に朝の光がとてもきれいで、料理をするたびに『家を建ててよかったなぁ』と、幸せな気分に浸っています」

もちろんキッチンはフルオーダー。何度も動線を想像して、8回も設計し直したという、まさに理想の空間だ。

「ステンレスの加工技術に定評のある厨房機器メーカー『タニコー』に特注。魚がさばきやすいよう、シンクは一般家庭には珍しいかなり大きなものを選び、二槽式にしました」

吊り戸棚は、作り付け。棚の素材はステンレスで揃えず木を採用、キッチンの雰囲気をやわらかい印象に。床は、汚れがつきにくく、掃除がしやすい60センチ角のタイルをチョイス。

「大きなタイルを選ぶことで、目地の掃除がうんと楽になりました」

【調理器具はすぐ 手にとれる場所に。】壁側に置いたスチールラックには、トースターや鍋などの調理器具をオープン収納。「どれをどのくらい使うか把握してから置く場所を決めれば、ほこりがたまることはありません」
【「この、窓からの光が 家の中で一番好き」】「コンロに差し込むサイド光のためにこの家を建てたんです」と語るほど、お気に入りの場所。「時間によって光の表情がうんと変わるので、朝も夕暮れもいい。一日中ここで過ごすことも」
【有孔ボードに食材を吊り収納。】有孔ボードを貼ったパントリーの壁には、ざるなどの道具や旅先で買ってきたにんにく、トルコの干しなすなどを掛けて。「実用的なものを飾りながら、きちんと使うのがモットーです」
【 キッチンの中に晩酌スペースを。】「つまみを作りながら、のんびりと一人で飲むのが好きなので、キッチンにはスツールを置いています」。小さなテーブルとしても使える棚には、韓国やタイで買ったバットなどを収納。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。