くらし

独り言が多いのは、ラジオが原因!?│ しまおまほ「マイリトルラジオ」

「あ、ヤバい! 忘れ物した」

「間に合うかなー、走ろうかな…」

わたしに独り言が多いのは、ラジオを聴いているせいだろう。

家でひとり過ごす時間は、ラジオが話し相手。リスナーメールにウンウンと相槌をうったり、意外なエピソードにエー!と大声を出したり。もう何十年と続く習慣だから、今更直すことはできない。

問題は外出時の独り言。道ゆく人から「これから雨降るって」という会話が聞こえれば「うそっ!?」と頭で考える前に反応してしまうし、商店で馴染みのラジオ番組のオープニングが聞こえれば「ああ、もうそんな時間か…」といつも通りに呟いてしまう。

もちろん、声のボリュームは抑えめにしているが…。

最近は聞こえてしまっていてもいいかな、と開き直り気味。

少し前に広汎性発達障害の男性が主人公のドキュメンタリー映画を観た。タイトルは「だってしょうがないじゃない」。主人公はパッと見れば〝普通″の中年男性。でも、ブツブツ呟きながら歩いていたり、同じ道を何度も行き来したり。他人はその言動に用心が必要だと思うだろうが、日々の生活を追った映像を観た観客は彼の愛らしいキャラクターにいつの間にか癒やされていた。

そこでわたしは思った。黙って何を考えているかわからない方が怖くないか?と。以来、独り言の蛇口をちょっと緩めることにした。

考えてみれば、ラジオだって立派な“独り言”のメディアなんですよねえ。

しまお・まほ●エッセイスト、漫画家。1997年『女子高生ゴリコ』でデビュー。新刊は『スーベニア』(文藝春秋)。

『クロワッサン』1029号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。