くらし

実は危険だらけな家の中。“1秒で逃げないと閉じ込められる”キッチン、どう対処する?

愛用の家具や日用品が、地震の際には凶器に変わる! 本誌ライターの家を実例に、対処法を危機管理アドバイザーの国崎信江さんに教えてもらった。
  • 撮影・岩本慶三 文・嶌 陽子
「対策を講じないと大地震の際、全ての扉や引き出しが開いて三方からモノが飛んでくる。閉じ込められる可能性も高いです」

大人2人すれ違うのが大変なほど狭い、コの字型のキッチン。調理をする際には何もかもが手の届く範囲にあって、意外と便利なのだが……。

「大地震が起こったら、揺れを感じてから1秒で逃げないと危険ですね」

と国崎さんから衝撃の言葉が。

「一番危ないのは冷蔵庫。これが転倒すると入り口を塞がれて台所に閉じ込められてしまいます。壁に固定することが必須です。また、コの字型キッチンは確かに使いやすそうですが、逆を言えば、強い揺れが起きたら三方からモノが飛んでくるということでもあります」

電子レンジなどの家電製品の固定も不可欠。すぐ手に取れて便利だからと、調理道具や調味料をたくさん外に出しているが、それも大地震の時には凶器になりかねない。原則として、モノは外に出さないほうがいい。

「全てしまいこむのが難しいのなら、致命的なものだけでも片づけることが大切です。たとえば木べらなどの比較的軽いものは、当たってもけが程度で済むと割り切る。一方、ガラス製の容器や鉄瓶などは必ずしまうようにしましょう」

実際に家をチェックして問題点を解説する国崎さん。キッチンがこんなに危険な場所だったとは。

| 冷蔵庫 | 転倒防止は必要不可欠、 扉にもストッパーを。

ビス不要、取り付け簡単な粘着ゲルで壁に固定。

冷蔵庫の背面上部にある“取っ手”の穴にベルトを通し、粘着ゲルを壁面に貼り付けるだけ。ビスを使わないので、我が家のような賃貸でも使用できる。取り付けも予想よりずっと簡単。
ベルトが通せる冷蔵庫の“取っ手”は、背面上部の両脇にある。取り付けには脚立があると便利。

扉開き防止には赤ちゃんのいたずら防止用ストッパー。

強い揺れによって開くと、中のものが飛び出すのはもちろん、出入り口を塞いでしまうかもしれない冷蔵庫の扉。赤ちゃんのいたずら防止用に売られているキャビネットストッパーを取り付ける。
両開きのキャビネットに取り付け、二重ロック式で扉が開くのを防ぐ。はがせる キャビネットストッパー(ホワイト) 600円*編集部調べ(ニトムズお客様相談室 TEL.0570-05-2106)
強力粘着ゲルと特殊ベルトで震度7相当の地震時でも転倒を防ぐ。100kg以下の冷蔵庫に対応。スーパータックフィット 冷蔵庫用 4,500円*編集部調べ(北川工業 TEL.03-3222-8432)

| 片開き棚 | ベビーガードを活用し、モノの飛び出しを防止。

扉と棚側面に貼れるストッパーを使用。

冷蔵庫の隣の作り付けの戸棚には食材のほか、重いホットプレートなども収納。地震で全部飛び出す危険が。
赤ちゃんの危険防止のための扉ストッパー。ベルト式のため、片開き扉の棚でも、扉と棚側面に貼り付けることで機能する。ボタンで簡単に開閉できるので、普段からストレスなく使えるのが魅力。
長さ調節可能のベルト式のストッパー。片開き、両開き棚の両方に使える。ベビーガード・チャイルドロック(6個入り) 1,270円*編集部調べ。Amazon等で購入可能。
国崎信江(くにざき・のぶえ)さん●危機管理アドバイザー、 危機管理教育研究所代表。女性や母親としての視点から防災・防犯対策を提唱し 続けている。著書に『震度7から家族を守る家』(潮出版社)など多数。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。