くらし

映画『ポルトガル、夏の終わり』この世のエデンで起きた切なくも美しい家族劇。

  • 文・山縣みどり
ニューヨークへの移住を口にする頼りない息子に母は最後の望みを施す。

大女優フランキーは、ポルトガルの避暑地シントラに愛する人々を招いて、晩夏の休暇を過ごすことにする。集まったのは、元夫と息子ポール、夫ジミーと義理の娘一家、そして年下の親友アイリーン。楽しいはずの一日が図らずも、人生のターニングポイントの様相を呈し……。

フランキーの願いで世界遺産の町シントラに家族や友人が呼び寄せられる。

フランキーは死期を悟っていて、休暇は愛する人たちの今後を整える口実だ。特に気がかりなのは、恋愛下手な息子ポール。信頼するアイリーンと結婚させたいのに、彼女は旅に恋人を同伴!? すべては思いどおりに進むと信じるフランキーの思惑をよそに、避暑地に集まった人々が抱える悩みがそれぞれ噴出し始める。ジミーは妻の死を前に崩壊寸前だし、アイリーンは恋人との関係で決断を迫られる。義理の娘は離婚を決意し、両親の不仲を敏感に感じるその娘は傷心を抱えてビーチに向かう。

フランキーの義理の孫マヤは、両親の離婚危機のなか、海辺でひとときの恋に落ちる。

わずか12時間足らずの物語だが、登場人物それぞれの人生模様と複雑な心境を巧みに組み合わせた脚本がお見事。本作は、アイラ・サックス監督がイザベル・ユペールのために書き下ろしたもの。ゲイ夫婦の愛をユーモラスに描いた映画『人生は小説よりも奇なり』を気に入ったユペールが監督に感想メールを送ったことで友情が開花し、彼女ともシンクロするフランキーをめぐる切なくも美しい家族ドラマが作られたのだ。監督は、地中海を舞台にした物語を撮るにあたってエリック・ロメール作品を研究。役者の自然な演技を引き出すカメラの長回しや印象的なロングショットにその成果が見える。

友人のアイリーンはフランキーの余命を知り、衝撃を受ける。

もちろん監督の個性である小粋なセリフの応酬は本作でも生きた。マリサ・トメイ演じる親友とフランキーの心を割った会話をはじめ、比喩を含んだ知的なセリフが心に沁みてくる。そして、もう一人の登場人物が世界遺産の町シントラだ。美しい風景が人々を欺瞞から解き放ち、未来への希望を感じさせる。詩人のバイロン卿が〝この世のエデン〟と呼んだシントラに魅了されること確実だ。(文・山縣みどり)

『ポルトガル、夏の終わり』
監督、脚本:アイラ・サックス 出演:イザベル・ユペール、ブレンダン・グリーソン、マリサ・トメイほか 8月14日より東京・Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほか順次公開。(C)2018 SBS PRODUCTIONS/O SOM E A FÚRIA
(C)2018 Photo Guy Ferrandis/SBS Productions

『クロワッサン』1027号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。