くらし

バジルの香り立つ、ガパオ風ナスと牛肉とバジルの炒めもの【太田垣晴子さんの香草使ったエスニックな家庭料理】

マンションのベランダで元気に育つ、大田垣晴子さん宅の香草。これを使って毎日作っているという、香草三昧の料理を見せてもらいました。
  • 撮影・三東サイ 文・室田元美

香草の香りを、エスニックな家庭料理に取り入れました。

朝摘みのハーブ類は、水を入れたコップに挿して、使いやすいキッチンの台に。目も楽しませてくれる。

ガパオ風ナスと牛肉とバジルの炒めもの

アジア料理のアクセントにも大活躍の、バジル。
火を通しすぎないのが香りを生かすコツ。

【材料(2人分)】
牛こま切れ肉200g
なす2本
にんにく1かけ
A[オイスターソース小さじ1、ナンプラー小さじ2、水大さじ2]
バジル適量
レモン1切れ
サラダ油適量

【作り方】 
1.サラダ油にみじん切りしたにんにくを入れて熱し、香りが立ってきたら、牛こま切れ肉、細切りしたなすを入れて炒める。
2.1に火が通ったら、Aを加えて混ぜ合わせる。
3.バジルを大まかに刻んで2に加え、さっと合わせて器に盛る。仕上げにバジルの葉、レモンを添える。

ペースト状にして瓶で保存、和えものやパスタソースに。

瓶に詰めて冷蔵庫へ。1週間ほど保存できる。「私はこのセビーチェでタコを和えるのが好き」と大田垣さん。

グリーンはバジルペースト。生バジル、炒ったクルミ、にんにく、塩、オリーブオイルを一緒にミキサーでペーストにする。「パスタにからめたり、ポテトサラダにかけてもおいしいです」。白いほうはセビーチェ。玉ねぎ、にんにく、しょうがをすりおろし、塩、酢、こしょうを加える。魚介料理に合い、鯛のマリネに使用。

大田垣晴子(おおたがき・せいこ)さん●イラストレーター。イラストとエッセイが融合した「画文」で知られ、雑誌でも活躍。『四十路の悩み』ほか、著書多数。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。