くらし

薬味をたっぷり使ったいわしの甘酢煮【ヒャダインの台所 Vol.12】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインで連載スタート!
今回は疲労回復効果もありそうな、いわしと薬味を使った料理を紹介してもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

うちの近くに魚屋さんがありまして、毎日違う魚をフィーチャリングして氷の上にザルに置いて展開してるんですよ。なんか見てるだけで楽しいじゃないですか。水族館にいる気分。
で、今回いわしが10匹でなんと390円。お手頃! 内臓を取ってもらってワクワクと帰宅。以前コラムで出てきた酢を使って調理したい! 酢を使った煮物が好きなんですよ。
(→Vol.9 残った新生姜の漬け酢で作る、豚肉生姜焼き回)

熱を加えたら意味なくね? て思う人いませんか?
いえいえ。ほどよい酸っぱさが食欲をそそって最高。とはいえ魚は生臭いので、匂い対策は重要ですね! しょうが、みょうが、そしてしそ、という薬味オールスターズを召喚です。黄金打線ですよね。酸っぱさのおかげで少し塩味が薄くても美味しい。

血圧にもいいですなあ。魚へんに弱いなんて書くけど十分強いよ、“鰯”。ギャル風に言うと「いわし、つよw」だよ!! 自信を持ってほしいものですね。そんないわし、英語でいうとサーディン。一気にかっこよくなりますね。なんか複雑!

【いわしの甘酢煮の作り方】

<材料(作りやすい分量)>
内臓とウロコを取ったいわし 10匹
(捌くのが苦手な場合、魚屋でも捌いてもらえます)

A
擦ったしょうが 適量
酢 1/2カップ
酒 1/2カップ
水 1/2カップ
みりん 1/2カップ
しょうゆ 1/4カップ
かき醤油 1/4カップ
はちみつ 小さじ2

みょうが しそ 適量

作り方
1. Aを鍋に入れて沸騰させて下処理をしたいわしを入れる。
2.アルミホイルで落し蓋をして20分以上、弱火〜中火で煮る。
3.汁気がほとんどなくなったら火を止める。
4.みょうがとしそを千切りにしたものをのせて出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

音楽クリエイター。本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。