くらし
更新:

熱々でも冷めても美味しい、かつおの梅竜田揚げ【吉田愛さんのレシピ】。

そのまま食べるだけでなく、実は優秀な「調味料」としても活躍する梅干し。味付けの決め手にすれば、暑い夏も箸が進むひと皿が出来上がる。料理研究家の吉田 愛さんに教わります。
  • 撮影・高杉 純 料理、スタイリング・吉田 愛

梅干しの酸味が青魚特有の臭みをやわらげる。さらに梅のさっぱりした風味で魚の持ち味も引き出し、一段上の仕上がりに。

かつおの梅竜田揚げ

かつおは皮なしを使用。火の入りを均等にするため細い部分は斜めに切って大きさをそろえる。

梅干しでかつおの生臭さは消え、熱々でも冷めても美味しい揚げものに。かつおをさくで買ってたっぷり作りたい。

【材料(2人分)】
かつお(皮なしの刺身用)1節(約200g) 
ししとうがらし適量
A[梅干し(たたく)1個 酒大さじ2 醤油大さじ1]
片栗粉適量 
揚げ油(サラダ油)適量

【作り方】
1.かつおは1cm厚さに切る。ボウルにAを合わせ、かつおを入れて絡め、10分おく。ししとうは包丁で切り目を入れる。
2.キッチンペーパーなどの上でかつおの汁気を自然にきり、片栗粉をまぶす。
3.170度に熱した油で2〜3分カラリと揚げ、油を切る。ししとうをさっと素揚げして添える。

吉田 愛(よしだ・あい)さん●料理研究家。料理家アシスタント、東京と京都の日本料理店で修業後、独立。唎酒師として、日本酒に合うおつまみメニューの提案も得意。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。