くらし

間違いのない組み合わせ! パクチーとトマトのサラダ【藤井恵さんの香味野菜レシピ】

多くの大人の女性を魅了する、香りの強い香味野菜の数々。
添え物ではなく、たっぷりと食べたい! の気持ちに応え、料理研究家の藤井 恵さんが主役級にしたレシピを提案。
  • 撮影・馬場わかな 料理&スタイリング・藤井 恵

【 パクチー 】

この時季が、ちょうど旬。
たっぷり使うのもおいしさの秘訣。

パクチーとトマトのサラダ

「これは間違いのない組み合わせ! フルーツトマトも盛りの時季なので、存在感がある切り方で楽しみましょう。トマトを細かく切ってソースのようにしてもいろいろな食材と合うのでおすすめです」

【材料(2人分)】
パクチー50g
トマト2個
A[紫玉ねぎ1/4個 白ワインビネガー小さじ2 クミンパウダー小さじ1/2 塩小さじ1/3 粗びき黒こしょう小さじ1/3]
オリーブオイル大さじ1

【作り方】
1.パクチーの葉を摘み、茎は小口切りに。トマトは一口大の乱切りに。
2.紫玉ねぎをみじん切りにして残りのAとともにボウルに合わせ混ぜ、2~3分置く。トマト、パクチーの茎も加え混ぜる。
3.器に2を盛りパクチーの葉をのせ、オリーブオイルを全体にかける。

“新薬味”を使う上での注意点とは?

もともと薬味や香味野菜が大好きだという藤井恵さん。

「クレソンやパクチー、パセリなどはβ-カロテンやビタミンCを多く含み、抗酸化作用があります。また、消化吸収促進、食欲増進などの効果も期待できます。これらの香りは精神の安定が得られるとも言われていますし、いずれも食感豊か。セロリを生で食べるとシャキシャキ、玉ねぎをスープ仕立てにしたらトロッと柔らかく仕上がるなど、調理法によって変化する、さまざまなおいしさに出合えるはずです」

これら“新薬味”を使う上での注意点を聞いてみると、

「無意識的に水にさらしてしまうことがあるようですが、それによってビタミンも香りも損なわれてしまうことが。辛味などは空気に触れさせるだけでも飛ぶので、極力水にはさらさないこと。いずれも加熱しなくてもおいしくいただけますし、野菜が摂れるというだけでもうれしいですよね。たっぷり食べておいしく健康をめざしましょう」

藤井 恵(ふじい・めぐみ)さん●料理研究家。体に優しい家庭料理に定評がある。近著に『藤井弁当』(学研プラス)、『藤井恵の腹凹ごはん』(日経BP社)などがある。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。