くらし

無音で集中すれば苦手克服できるかも。│ しまおまほ「マイリトルラジオ」

息子の通う保育園で給食を作る調理師さんと仲が良い。朝、息子を送りに園へ行くと早くから黙々と野菜を切り、米を研ぎ、大きな鍋で調理をしている。毎日のことだから、少しでも楽しい方がいいのでは、と思い、

「ラジオをつけてみたら?」

と聞いてみた。すると、

「料理の時は無音がいいの。音楽やラジオ聴いてると手順を間違えてしまいそうになるから」

とのこと。

わたしは逆に料理も皿洗いもラジオがないとヤル気がでない。家事のスタートはキッチンのラジオをつけることから。ラジオのスイッチがONにならないと、自分自身も起動しない。ラジオの力を借りて、なんとか家事をノリでやり過ごすタイプなのだ。ただし、原稿を書く時間は別。

文章を書く時はラジオも音楽もかけられない。かなり集中しないと文章は書けないのだ。

ということは。調理師さんは園児たちの食べる昼食、おやつにかなりの集中力と、真剣勝負で取り組んでくれているのかもしれないと思った。わたしのように「ながら」で苦手を克服とはワケが違う。

今朝も息子を送ってきた。調理師さんはいつものように給食の準備中。コトコトコトコト、お湯を沸かす音、トントンと野菜を刻む音……なんだ、「無音」じゃないじゃないか。ちゃんとココにも音が響いている。午前中の空気に気持ちの良い音楽。しかも出汁のいい匂いまで。

うーん……たまには料理に集中、してみようかなあ。

しまお・まほ●エッセイスト、漫画家。1997年『女子高生ゴリコ』でデビュー。著書に『マイ・リトル・世田谷』。

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。