くらし

iPhoneの「リマインダー」アプリで日々の用事や予定をデジタル化しよう。

通話やメール、SNSや写真撮影以外に、日々の用事や記録の管理にも使えるスマホ。超スマホ通が賢い使い方を教えます。
  • 撮影・岩本慶三(かじがやさん) 文・知井恵理 協力・ソフトバンク
かじがや卓哉(かじがや・たくや)さん●iPhone芸人、 家電芸人。Youtube チャンネル「かじがや電器店」で家電テクを紹介するほか近著『超スゴいiPhone』(インプレス)も話題。

日々の用事や家族の予定を、手帳やメモ帳で管理する人も多いだろう。だが、「いつも持ち歩くスマホを活用すると、さらに便利ですよ」とiPhone芸人のかじがや卓哉さん。

「スマホは設定次第で、思い出さなきゃいけないときに、音や振動でも知らせてくれるので、“うっかり”を防げます。さらに撮った写真は場所を取らずに保存できるし、実は仕分けも簡単。使い方を覚えれば家族や友人と手軽に写真を共有できます」

実はこれら、最初にインストールされている定番アプリでできるそう。

「シンプル操作で使いやすいですし、普段の生活で使える機能が充実しています。ただ、使っていないか、使いこなしてない方がほとんどです」

そこで、年間1000件以上の家電相談に乗るかじがやさんに寄せられる「日々の予定の管理」の悩みを解決する定番アプリと、その使い方をご紹介。デジタル化で、無駄なく用事をこなそう。

日々の用事や予定を、知らせてほしいタイミングで思い出させてくれる。

【iPhone】リマインダー

指定した場所で用事を忘れずに済ませたいときの便利ワザ。

1.「リマインダー」アプリを開いてリストを表示させ、「今日」をタップ。明日以降の用事も「今日」から登録できる。
2.今日行う予定や用事を追加する場合は「新規リマインダー」をタップ。
3.買い物など、登録したい用事を入力し、終わったら右端に表示される i ボタンをタップ。
4.通知してほしい時間または場所を選ぶ。今回は「指定場所で通知」をオンにして、「場所」をタップ。
5.通知を受け取りたい駅名や建物名、住所などを検索バーに入力すると、検索結果が表示されるので該当場所を選ぶ。
6.指定した場所の「到着時」「出発時」のどちらで通知を受け取るかを選択し、「詳細」をタップ。次に出る画面で右上の「完了」をタップ。
7.リスト表示の「すべて」をタップすると「渋谷駅へ到着時に『卵を買う』通知を受け取る」が表示される。スマホの設定で、通知をオンにしておくこと。
8.渋谷駅に近づくと画面にリマインダーの内容があらわれる。タップしてチェックを入れるまで、ずっと表示される。

*説明画面写真は「iPhone 11 Pro」を使用しています。

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。