くらし

時間短縮、労力も激減!? 家電の“スマート化”について学ぶ。

最新家電は難しくて……と敬遠していませんか? 家事は劇的に楽になるし、実は操作も簡単。来るべき老後を快適にするためにも、今、学んでおきましょう。
  • 撮影・中島慶子 文・菅野綾子 イラストレーション・田中麻里子

スマートホーム化すれば生活はもっと便利になる!

戸井田園子(といだ・そのこ)さん●家電コーディネーター。大手メーカーのインテリアコーディネーターを経て独立。TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』など、さまざまなメディアで活躍。
田中麻里子(たなか・まりこ)さん●イラストレーター。雑誌や書籍、広告などで活躍するほか、アパレルブランドへの作品提供や、企業とのコラボレーションアイテムの製作等も手がけている。

最近よく耳にする「スマートホーム」という言葉。でも、それが何なのかよくわからないという人も多いはず。そんな読者を代表して、イラストレーターの田中麻里子さんが家電コーディネーターの戸井田園子さんに話を聞いた。

田中 スマートホームというと、スマホを使って外からスイッチをオンオフできる家電を導入している家、というレベルの知識しかありません……。

戸井田 そこまでわかっていただいているのなら、話は早いです(笑)。

田中 よかった(笑)。

戸井田 スマートホームとは、今、田中さんがおっしゃったようなスマート家電を使って、利便性、快適性を追求した家を指します。スマート家電も年々進化していて、初期のものはWi-Fiという無線インターネットを経由してスマホで遠隔操作ができるレベルだったのですが、そこにAI(エーアイ)と呼ばれる人工知能が搭載され、自動で最適化してくれるようになったのが第2段階。そして第3段階になると、Wi-Fiで繋がった家電同士が連携。オーブンレンジで魚焼きモードを選んだら、空気清浄機が先回りして動きだす、というレベルまで実現可能になりました。

田中 そんなことまでできるんですね。

戸井田 とはいえ、日本はまだ第3段階に突入したばかりですが。

田中 でも私はまだ、初期のスマート家電でさえ導入できていません(笑)。今ある家電を買い替えるのはお金もかかりますし、それが壊れてからでもいいかなと思ってしまって。

戸井田 田中さんがおっしゃるように、日本でスマートホーム化がなかなか進まないのは価格の障壁。家電を買い替えようと思うとかなりコストがかかってしまいます。でも今は、スマートリモコンというスマホと家電を繋いでくれる機器もあるので、それがあれば手持ちの家電をスマート化できるんです。

田中 そうなんですか!? 私、花粉症なので家に着く前に空気清浄機を稼働させたいと思っていたのですが、それがあれば今すぐ叶うということ……?

戸井田 そうです、そうです。

田中 ジョギングから帰ってきたタイミングでぴったりお風呂が沸いていたらいいなとも思うのですが、さすがにそこまでは無理ですよね?

戸井田 給湯器ごと替えれば、それも可能になります。今は自動で掃除までしてくれる風呂釜もあるんですよ。

田中 それ、最高ですね。給湯器や風呂釜を取り換えるのはハードルが高いですけど、簡単な家電から少しずつスマートホーム化を進めておけば、建て替えやリフォームの時に、そこまで視野に入れられるようになりますよね。

【照明】遠隔操作でスイッチのオンオフができるようになると、旅行や出張で家を長く空ける時の防犯にもなりますよね。(田中さん)
【掃除機】ペットを飼いたいと思っているのですが、ロボット掃除機を遠隔操作できたら、家をいつでも清潔に保てますね。(田中さん)
【空気清浄機】Wi-Fi経由で連携したオーブンレンジで魚焼きモードを選ぶと、先回りして自動で動きだす機種もあります。(戸井田さん)
【エアコン】外から帰ってきた時、すでに家が涼しくなっていたり、暖まっていたりすると、それだけで幸せな気分に。(田中さん)
【玄関】鍵の開閉をスマホで操作できるので、掛け忘れの心配なし。GPSを感知して、近づくと自動で解錠するものも。(戸井田さん)
【冷蔵庫】自動で在庫を把握して、スマホで管理できるようになれば、買い忘れや買い過ぎの心配もなくなるのになぁ。(田中さん)
【洗濯機】洗濯物の量に合わせて自動で洗剤を投入してくれるだけでもすごいのに、洗剤の発注までしてくれるなんて!(田中さん)
【お風呂】出先からお風呂を沸かせるのはもちろんのこと、自動でお風呂掃除までしてくれる未来が待ち遠しいです!(田中さん)

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。