くらし

コスメの収納グッズを、メイクアップアーティストのMICHIRUさんに教わりました。

暮らしの中で必要な細々したものを収納する、便利でデザインにも優れたグッズを収納の達人に紹介してもらいました。
  • 撮影・森山祐子 文・大澤はつ江

機能的でしかも美しい収納グッズで、仕分け作業がはかどる。

MICHIRU(みちる)さん●メイクアップアーティスト、ビューティディレクター。国内外の雑誌や広告、CMなど幅広い分野で活躍する。自身がプロデュースする、肌への負担が少ないMi MCのスーパーミネラルパウダーが人気。

毎シーズン、MICHIRUさんの元には山のように新商品のコスメが届く。それをわかりやすく、効率よく整理するための収納グッズは重要だ。

「アシスタントさんとコスメの情報や収納場所を共有しておかないと、撮影時に必要なコスメが準備できないんです。だから、収納グッズはアイテムがひと目でわかり、取り出しやすいものを選びます。そして、収納場所がすっきりと見えるように同じメーカーのもので揃えています」

収納グッズはほとんどが無印良品で購入したものだ。仕切りには100円ショップで探したグッズを活用している。

「ボックスの中に仕切りを作り、アイテムごとに収納するのが一番使い勝手がいいんです。コスメは異なるメーカーでも、リップやマスカラなどはだいたい同じサイズなので収納しやすい。届いたコスメには底面に発売年月日を明記したラベルを必ず貼ります。そしてリップ類は底面を上にして収納。探す手間が格段に短縮されます」

フレグランスの小瓶をオブジェのように飾って。

「同じ種類でまとめ バランスよく配置。」海外などで見つけたフレグランスの小瓶を、木枠を組み合わせた棚に収納。洗面所の一角がまるで小さな美術館のように。木枠は100円ショップで見つけ、白いペンキを自分で塗って組み合わせ、接着剤で固定した。

デザイン性に優れ、 機能的で収納力抜群のボビーワゴン。

「スライド式で使い勝手がいい。」新規に届いたコスメの中から、試してみたいと思うものをラタンのバスケットからワゴンに移動。アイテムごとに取り出しやすいように、トレーに入れ、ワゴンのスライド式の引き出しに。
ボビーワゴン 4段4トレイ ホワイト 43 ×42×94.5cm 7万400円〈税込み〉(メトロクス TEL.03-5777-5866)

届いたコスメは発売日のラベルを貼る。

「ラタン材のバスケットは軽くて扱いやすい。」シーズンごとに届く新発売のコスメはアイテムで仕分けし、発売年月日をラベルに書き、底に貼る。ラベル面を上にして100円ショップのボックスへ。それをラタンのカゴに入れ、棚に収納する。重なるラタン長方形バスケット ・小 36×26×12cm 各1,990円〈税込み〉(無印良品 銀座)

自分用のコスメは備え付けの洗面台に。

「アイテムごとに納められたコスメ。」洗面台の鏡の扉を開けると日常に使うコスメが収納されている。スキンケア類は白磁のトレーに、マスカラやリップ類はアイテムで分け、立てて収納。歯磨きのチューブはプラスチックのボックスに。白磁トレー 23.5×9.5×1.5cm 各650円〈税込み〉(無印良品 銀座)

買い足しやすくて愛用、無印の引き出し。

撮影等の現場に持って行く候補を入れる引き出し。
「メーカー別に整然と並んだ 見やすいコスメ。」これは引き出しの中身で、すべてラベルを上にして収納。ここからイメージに合うものをセレクトし、ポーチに入れて現場に持参する。ポリプロピレンケース・引出式・浅型・ 2個(仕切付) 26×37×12cm 1,190円〈税込み〉(無印良品 銀座)

『クロワッサン』1018号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。