くらし

プロが愛用するキッチン収納グッズ、料理研究家の野口英世さんに教わりました。

暮らしの中で必要な細々したものを収納する、便利でデザインにも優れたグッズを収納の達人に紹介してもらいました。
  • 撮影・森山祐子 文・大澤はつ江

収納グッズのサイズをきっちり測る。ピッタリ収まると気持ちいい。

野口英世(のぐち・ひでよ)さん●フードスタイリスト、料理研究家。テレビ、雑誌でのレシピ紹介をはじめ、広告のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。著書に『使いやすい台所道具には理由がある』(誠文堂新光社)など。

ポーチの中に小さな“マイメジャー”を入れて持ち歩くほど採寸好きの野口英世さん。

「昔からサイズを測るのが好きなんです。整理したい道具類を収納予定場所に収めるにはどんなグッズがあるか? 何げなく目に留まった収納グッズがそこに適しているかを見極めるにはサイズが重要なんです」

だからといって、サイズさえ合えばいいわけではない。

「私の仕事場はキッチン。水気が多い場所なので、キッチンツールを収納するグッズ類は錆が出ず、調理中に倒れない安定感のあるものを選びます。食材を扱うので清潔感も大切。汚れたらすぐに洗えることもポイントです」

また、調理中に色がうるさく感じないように、キッチンツールにマッチする白、黒、シルバーで統一している。

「グッズの収納場所は作業から近い場所に。アクションが少なければ取り出しやすく、しまいやすいですから」

見つけたグッズの採寸がすぐにできるよう、ポーチに入れて持ち歩く愛用のメジャー。

メーカーごとの仕分けで、必要なものが見つけやすい。

カトラリーはメーカーごとにサイズ、アイテムでまとめ、カトラリーケースに収納する。ケースのままテーブルに出す場合もあるので、清潔感があり食卓で違和感のないものを。
「引き出しの中で重ねられて便利。」スタッキングができるトトノ引き出し用カトラリーポケットM 28×10.5×4.4cm 450円。下段は2倍の大きさでスライドできるLサイズ 28×21×4.4cm 600円(共にリッチェル TEL.076-478-2957) 
マットなスチール(粉体塗装)製で底に滑り止めが付いているので引き出しや食卓で安定する。Towerシリーズ カトラリーケース ホワイト(現在は生産終了)
網代(あじろ)の蓋付き菓子箱を箸置き入れに。このまま出して選んでもらうことも。

キッチンツール類は錆に強いステンレスに。

シンク下の引き出しにはヘラやトング、計量スプーン、調理用箸をカトラリースタンドで収納。錆に強い18-8ステンレス製。
「重さがあるので安定感も抜群。」右・18-8キッチンツールスタンド 直径8×14cm 4,000円、左・18-8カトラリースタンドストレート 直径6×9.7cm 3,600円(工房アイザワ TEL.0256-63-2764)

穴開きのバスケットは中身の確認がしやすい。

棚の奥行きにピッタリなプラスチック製のストックバスケット。汚れたら洗えるのでいつも清潔に保てる。保存容器は本体と蓋をいっしょに収納するとかさばるので別々にするのがポイント。
「容器の本体と蓋は別々に重ねればかさばらない。」ストックバスケット B5 ホワイト各 190円(イノマタ化学 http://www.ino mata-k.co.jp/)

マグネット付きなのでレンジのそばにペタッ。

ミトンを使用する時もクリップを付けたままで。使い終わったらマグネットが付く場所にペタッと。ミトンは使う場所に置いておくと調理作業がスムーズに行える。
「レトロな雰囲気の機能的なクリップ。」マグネット付きクリップ(Bタイプ)5個セット748円(DULTON http://www.dulton.jp/onlineshop/)

ストック食材の収納はキャスター付きが便利。

高さのある瓶類は、深めのキャスター付きケースに収納。重くなっても引き出しやすく、収納場所の奥まで掃除が簡単にできる。缶詰やレトルト食品は持ち運びが便利な収納ケースに。
「持ち手があるとケースの移動が楽。」ケースごとの移動が楽。VARIERA ヴァリエラ ボックス ホワイト 24×17cm 399円〈税込み〉(イケア TEL.0570-01-3900) 
深さ約24cmで瓶も楽々収納。キャスターは別売り。squ+(スキュープラス)インボックス L ホワイト 38.9×26.6×23.6cm 945円*編集部調べ(サンカ TEL.0256-38-1818)

『クロワッサン』1018号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。