くらし

絶妙なバディ感が愛おしい珠玉のロードムービー。『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』

  • 文・坂上みき
逃亡生活を送るタイラーとザックに看護師のエレノアが加わり、冒険の旅は続く。

時々、呪文のように唱えてみたくなる言葉に出くわすことがある。

「ピーナッツバター・ファルコン」「ピーナッツバター・ファルコン」。可愛いの、雄々しいの、どっちなの? とニンマリしながら、実際に、声にだしてみる(職業病?)。タイトルに無性に惹かれた作品は、たいがい、心にもすんなりフィットするものだ。

ダウン症のザックは、プロレスラーの養成所に入ることを夢見て、施設から脱走。漁師のタイラーは、兄を失い、孤独を抱えながら、やけを起こして追われる身に。そんな二人が出会い、旅をする。後半は、ザックを探しに来た看護師のエレノアも加わって三人旅に。ザックの夢は果たして叶うのだろうか?

懐かしい香りがした。アメリカ南部の海辺の風景、音楽、空気、どれをとっても私のDNAにはないはずなのに、安心して解き放たれていく。

昼はトウモロコシ畑に身を潜め、時にはスイカのヘルメットでじゃれ合い、手作り筏で海原を行く。夜は、砂浜で語らう、その野営の時間が距離を縮める。『スケアクロウ』『レインマン』、数々の名作ロードムービーを思い起こさせた。

ザックを演じる、ザック・ゴッツァーゲンは、障がいのある俳優たちのキャンプで監督の一人シュワルツと出会う。「映画スターになりたい」「無理だね」「じゃぁ、僕の映画を作ってよ」。そんなことから始まった今作は、当初17館での公開だったのに、6週目には1490館に。ピュアで力持ち、白いパンツ1丁で歩くザックは、ゆるキャラみたいにキュート。漁師タイラーを演じるシャイア・ラブーフはちょっと前まで繊細過ぎる少年のような印象だったのに、あらま、随分とワイルドになられて。この二人の絶妙なバディ感と、ゆく先々で出会う、とぼけてたり、怪しかったり、カッコよかったりするオジサンたちの格言めいた言葉に、温かくなる。「友達ってのは、自分で選べるファミリーだ」、頂きました。

偶然から始まった男2人旅はいつしか家族とも呼べる間柄に変化していく。
エレノアは、ダウン症のザックを探すなかで、次第にこれまでの考え方を変えてゆく。

坂上みき
さかじょう・みき●パーソナリティ、ナレーター。現在『坂上みきのエンタメgo!go!』(ラジオ日本、月曜〜金曜8時50分〜)に出演中。

 『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』
監督・脚本:タイラー・ニルソン、マイケル・シュワルツ 出演:シャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン、ザック・ゴッツァーゲンほか 東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中。

(C)2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

『クロワッサン』1015号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。