くらし

きのこを使い切る!上田淳子さんのミールキット活用レシピ。

献立に必要な材料一式をセットして、あとは調理するだけにしておくミールキット。野菜を余さず使い切る、先手必勝のアイデアを料理研究家の上田淳子さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・長谷川未緒

きのこ

きのこは洗って水に濡らすと冷蔵保存に向かないため、冷凍するか、加熱してから冷蔵・冷凍保存を。冷凍することで、旨味成分のグアニル酸が増えるともいわれている。

洋風にも和風にも、あとから味付けできてアレンジ自在。

炊き込みごはん

【meal kit】冷凍しているあいだに鶏肉に塩味がしみこむ。【冷凍】1カ月ほど
炊き込みご飯に使う際は洗った米の上に解凍せずに入れ、炊き上がりによく混ぜる。

【材料(2合分)】
〈ミールキット〉きのこ(しめじ、しいたけなど)200g、鶏もも肉200g、粗塩小さじ1/3
〈炊き込みごはん〉米2合、洋風の場合[粗塩小さじ2/3、こしょう少々、バター10g]、和風の場合[醤油大さじ2、昆布5cm角1枚]

【作り方】
〈ミールキット〉
1.きのこ類の石づきを取り、しいたけは5㎜の薄切り、しめじはほぐしておく。
2.鶏肉は余分な脂を取り、1.5㎝角に切り、塩をもみ込んでおく。
3.1と2をポリ袋に入れ、冷凍保存する。
〈炊き込みごはん〉
1.米2合を洗い、炊飯器に入れ、水(米2合分で加減不要)と調味料(洋風・和風は好みで)を加える。
2.キットを凍ったまま入れて炊飯し、炊き上がったらほぐして混ぜる。

*時間がある場合は、米は洗ってざるにあげ、30分ほど置いた後に炊飯器に入れ、水と調味料を入れる。調味料を入れて長く置くと、ふっくら炊き上がらないので注意。

ごはんや豆腐とも好相性! 箸が進む簡単常備菜。

きのこのおかか醤油煮

【meal kit】醤油、みりん、酒の代わりにめんつゆでも可。【冷蔵】1週間ほど【冷凍】1カ月ほど

【材料(作りやすい分量)】
きのこ(しいたけ、しめじ、えのき茸など)300g、醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1と1/2、酒大さじ1と1/2、おかか1パック(4〜5g)

【作り方】
1.
きのこ類の石づきを取り、しいたけは5mmの薄切り、えのきは半分に切り、しめじはほぐしておく。
2.1と調味料を耐熱ボウルに入れ、電子レンジ(600W)に4分かける(鍋で煮てもいい)。
3.おかかを混ぜ、冷めたら冷蔵か冷凍保存する。

食べるときは、冷凍の場合は解凍してから。そのまま食べても豆腐の上にかけてボリュームアップしても。

やさしい味わいで体がほっと温まる。豆乳で作っても。

ストックきのこのスープ

【meal kit】余ったきのこは1袋にまとめて“きのこ貯金”。【冷凍】1カ月ほど

【材料(2人分)】
〈ミールキット〉きのこ(しめじ、しいたけ、えのき茸など)150g
〈スープ〉水1カップ、バター5g、牛乳100ml、塩・こしょう各少々

【作り方】
〈ミールキット〉
きのこ類の石づきを取り、しいたけは5mmの薄切り、えのきは半分に切り、しめじはほぐして、保存袋に入れて冷凍する。
〈スープ〉キットのきのこ、バター、水を鍋に入れ、弱火で5分ほど煮る。牛乳を加え軽く煮て、塩・こしょうで味を調える。

*好みで味噌やコンソメ顆粒で味付けしても。

「使い切れなかった野菜を野菜室や冷蔵庫に入れたまま放置してしまい、結局は傷ませて処分したという経験は誰にでもあるはず。必要な材料をあらかじめセットし、簡単な調理でできあがるミールキットを作っておけば、野菜を無駄にすることがなく、家庭での食品ロスを減らせます」と上田淳子さん。

今回使ったきのこ類は、いずれも少しずつ食品ロスにつながりがちな野菜の代表格。冷凍用保存袋を利用して乾燥や冷凍焼けを防ぎながら最後までおいしく食べ切ろう。

上田淳子(うえだ・じゅんこ)さん●料理研究家。スイス、フランスで修業を積み、帰国後シェフパティシエを経て料理研究家に。料理教室主宰、雑誌、テレビなどでも活躍中。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。