くらし

長ねぎを使い切る!上田淳子さんのミールキット活用レシピ。

献立に必要な材料一式をセットして、あとは調理するだけにしておくミールキット。野菜を余さず使い切る、先手必勝のアイデアを料理研究家の上田淳子さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・長谷川未緒

長ねぎ

長ねぎは冷凍保存が可能。加熱すれば、独特の甘みとやわらかい食感で味わい深くなる。カロテンなどの栄養が豊富で捨てるのはもったいない青い部分も、残さず使い切ろう。

あさりとねぎの旨味をパスタにしっかり吸い込ませて。

ねぎたっぷりボンゴレパスタ

【meal kit】あさりは時間のあるときに砂抜きして冷凍を。【冷蔵】3日ほど【冷凍】1カ月ほど

【材料(2人分)】
〈ミールキット〉ねぎの白い部分200g(2本分)、にんにく1かけ、赤唐辛子½本、あさり300g
〈パスタ〉スパゲッティーニ180g、オリーブ油大さじ1と1/2、白ワイン1/3カップ、塩適量

【作り方】
〈ミールキット〉
1.ねぎは斜めに5mm幅に切る。
2.にんにくは芽を取り、横に3mm幅に切る。
3.ポリ袋に1と2、赤唐辛子を入れて冷蔵か冷凍保存する。
4.あさりは砂抜きをし、殻をこすり洗いして水気を切り、冷凍しておく。
〈パスタ〉
1.スパゲッティーニはパッケージの表示時間を参考に、塩を加えてゆではじめる。
2.フライパンにオリーブ油を入れ、中火にかける。
3.キットの野菜を入れ、しんなりするまで2分ほど炒める。
4.3にキットのあさり(凍ったままでも可)を入れ、白ワインを加えて強火にし、あさりの口が開くまで加熱する。
5.ゆであがったパスタの湯をしっかり切り、4のフライパンに入れる。全体を混ぜながら、煮汁がパスタになじんだら器に盛る。

*長ねぎが冷凍の場合は解凍せず、そのまま使用。ただし加熱時間は長めになる。

処分しがちな青い部分を使うから、牛肉で贅沢に。

ねぎと牛肉のしぐれ煮

【meal kit】豆腐や厚揚げを加えればメインのおかずに。【冷蔵】3日ほど【冷凍】1カ月ほど

【材料(2人分)】
〈ミールキット〉ねぎの青い部分200g(4本分)、牛こま肉200g、A[砂糖大さじ1、みりん大さじ1、サラダ油大さじ1/2]
〈しぐれ煮〉水⅓カップ、醤油大さじ1と1/2

【作り方】
〈ミールキット〉
1.ねぎは斜めに5mm程度に切り、ポリ袋に入れる。
2.牛肉は別のポリ袋に入れ、Aをもみ込んでおく。1とともに冷蔵か冷凍保存する。
〈しぐれ煮〉
1.鍋にキットのねぎと水、醤油を入れて蓋をし、中火にかけて2分ほど加熱する。
2.蓋を取り、キットの牛肉を加えて時々混ぜながらほぐし、煮汁がなくなるまで煮る。

*冷凍の場合は解凍せず、そのまま使用。ただし加熱時間は長めになる。

お酒のつまみにも、ささみなどにのせておかずにも。

ねぎのビネグレット

【meal kit】冷凍するなら、冷凍用保存袋に入れ替えを。【冷蔵】1週間ほど【冷凍】1カ月ほど

【材料(作りやすい分量)】
ねぎの白い部分300g(3本分)、A[酢大さじ1、サラダ油大さじ2、フレンチマスタード小さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々]

【作り方】
1.Aをボウルに混ぜ合わせておく。
2.ねぎは5cm程度のぶつ切りにして鍋に入れ、2cmほど水を入れて蓋をし、10分ほど蒸し煮にする。
3.2の湯を切り、混ぜ合わせたAのビネグレットソースに絡め、冷めたら、冷蔵か冷凍保存する。

食べるときは、冷凍の場合は解凍してから。そのままでワインのおつまみにも、ローストした肉のサイドに添えても。

上田淳子(うえだ・じゅんこ)さん●料理研究家。スイス、フランスで修業を積み、帰国後シェフパティシエを経て料理研究家に。料理教室主宰、雑誌、テレビなどでも活躍中。

「使い切れなかった野菜を野菜室や冷蔵庫に入れたまま放置してしまい、結局は傷ませて処分したという経験は誰にでもあるはず。必要な材料をあらかじめセットし、簡単な調理でできあがるミールキットを作っておけば、野菜を無駄にすることがなく、家庭での食品ロスを減らせます」と上田淳子さん。

冷凍用保存袋を利用して乾燥や冷凍焼けを防ぎながら最後までおいしく食べ切ろう。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。