くらし

野菜が長持ちするひと手間と保存法。

正しい場所で適切に保存すれば、食材は長持ちします。
  • 撮影・青木和義 文・矢吹紘子

野菜室の食材はちょっとした工夫で、持ちがよくなりロスを削減。雑菌対策のため水分はしっかり拭き取り、中身がわかるようにして包む。

Before

After

★工夫ポイント

(1)
(2)

(1)(2)夏野菜はキッチンペーパーで包み保温を。トマトは重いヘタのほうを下にしてポリ袋へ。傷みやすいきゅうりはペーパーで包み、ポリ袋に入れて立てて保存。

(3)

(3)プチトマトは水を張った保存容器に入れると長期保存が可能。野菜室ではなく温度が低い冷蔵室へ。

(4)

(4)パック入りのきのこやもやし、カット野菜は、野菜室では温度が高すぎるので、温度が低い冷蔵室へ。

(5)

(5)レタスは芯の部分にある成長点を、爪楊枝などで3カ所ほど刺し、そのまま芯を下にして保存。劣化のスピードを抑えられる。

(6)

(6)じゃがいもは常温だと芽が出るが、冷やしすぎにも注意。2〜3個ごとペーパーで包み、ポリ袋に入れる。

(7)

(7)大根はそのままにすると葉に養分が吸収されるため、茎の根元部分でカット。用途別に3つに切り、断面の水分を拭く。実は乾いたペーパー、茎の根元は濡れたペーパーで包み、ポリ袋へ。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。