くらし

【買ってよかったもの】器ビギナーがハマりかけている竹村良訓さんの器。

クロワッサンオンラインのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は、竹村良訓さんの器を紹介します。

インスタグラム内にて、 #クロワッサン大人のうつわ部 がスタートしました。
みなさんが持っている素敵な器をゆるりと紹介してほしい、と立ち上がった企画です。投稿お待ちしています。

以前、器ビギナー であることを明かしている私。今も相変わらず勉強中です。
そんな私ですが昨年から少しずつ集めている作家さんの器があります。

器好きの方には説明不要の竹村良訓さん。美しい釉薬の色合いが大人気ですよね。私もはじめて見つけたとき、心踊る色合いに、脊髄反射的に酒器を購入してしまいました。

はじめて購入したのは、竹村良訓さんといえば! な水色とピンクの酒器。
上から見てもかわいいですよね。酒は入れず緑を飾ったりしています。

竹村良訓さんと陶芸の出合いは、美大で木工と漆芸を学んでいた時。大学院では古陶磁の研究・復元制作にも従事しながら、独学で陶芸を学んだ陶芸家であり修復家です。出身地・千葉県にはアトリエ「陶房『橙』」も構えていて、教室もされているよう。(開催されたら行きたい!)

さまざまなインタビューで「色のチョイスは洋服を着せる感覚」と言っていて、素焼きの器にひとつつずつ自身が調合した釉薬を重ねているのが特徴。ひとつとして同じものがないので、気に入った色合いや形は2度とお目にかかれないのがまた心をくすぐられるポイントでして。
でも、くまなくSNSをチェックして発売日にめがけて購入! するのではなく、気に入った色合いが見つかったら、の距離感でお店をのぞいています。

なんで小皿って2枚買ってしまうのでしょうか。

……で、自分の好みにフィットした色合いを見つけてしまい、新たに購入してしまったのがこちらの3点。
最近しょっちゅう鍋を食べているので、「鍋の時に使う素敵な器がほしい」と思っていたところでの出合いでした。
春の夕陽のような柔らかなオレンジに霞みがかった紫がこれからの季節にぴったりじゃないですか!
2つの小皿はこの3つを並べた時の色合わせがきれいだったのでついつい……。醤油をさしたり、ごま豆腐とかナムルをのせようかな、と考えています。
アートピースのようですが、食卓と馴染むのも竹村さんの器ならでは。食卓に彩りを加えてくれます。

念願の素敵な器で鍋!
醤油入れました。刺身はスーパーのパックです。

眺めてももちろん楽しいですが、くらしの道具である器は使ってなんぼですよね。
最近は素敵な器を見るたびに、「もっと料理ができれば、この器に盛りつけたい、くぅ。」と嘆いてばかりいます。

器を愛するためには料理上手にならねばと、今年は料理も勉強中です。器にハマると際限なく買ってしまいそうなので、ふたつレシピをマスターしたら、ひとつ器を買ってもよし! というルールを制定しようかと思います。みなさまも器を購入されましたら、#クロワッサン大人のうつわ部 をつけて投稿してください。(クロワッサン オンライン編集部 ユリ)

実はもうひとつ持っていて、これはアクセサリー入れに使っています。玄関でこの子を見るとホッとします。

ユリ

『クロワッサン オンライン』エディター。丸顔・ショートヘアに大きめピアスが基本スタイル。365日中300日は次に買いたいもののことを考えています。お酒好きが高じて、ひとり飲みができるお店を開拓中。

⇒ ユリの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。