くらし

【買ってよかったもの】どんな料理にもあう、器ビギナーにおすすめのフランスの器。

クロワッサンオンラインのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は、フランス・リヨンに窯元がある『Jars』の食器をご紹介します。

気ままなひとり暮らしなもので、料理に関しては作ったり、作らなかったりしています。むしろ外食が多いタイプ。なので、しばらく食器というものに興味・関心は湧きませんでした。

ところが、ある日。
ひとり暮らしするときに、何も考えずに買った真っ白なお皿でご飯を食べていると、突然「こんな味気ないお皿でご飯食べたくない!」と部屋の中心で叫んでしまいました。
きっと心が荒んでいたんでしょうね……。

かといって食器沼・器沼という言葉がある通り、窯元の違い、柄、色……。多種多様の中からどれを選んでいいのか、さっぱりです。
ある日セレクトショップで見つけた、Jars(ジャス)というフランスの器。
深い藍色や緑が好きなので、色に一目惚れをして購入。ひとまず26cmのディナープレートを選びました。

リヨンに窯があるそうです。サモア諸島の海をイメージしたサモアというシリーズ。

ものすごく恥ずかしい話ですが、私の作る料理のほとんどが、野菜炒めとか、チャーハンとか、パスタとか……THE・ひとり飯ばかりで、“映え”とは縁遠いものばかり。それでも素敵な器に料理を入れれば、それなりに見えます。

分かりづらいですが……ウー・ウェンさんのレシピで作ってみた、白身魚(かじきなど)のオイスターソース炒め。

以前クロワッサン本誌の取材記事の中で器作家・イイホシユミコさんが、
【器好きのいつもの食卓】料理に手をかけられなくても、好きな器があれば心は満足します。

「好きな器で食べれば、シンプルな料理でも心が満足する」と仰っていましたが、確かに料理をどっしりと包み込んでくれるような、温かみがあるような気がします。ということで、少し深さのあるパスタプレートとデザートプレートも買ってしまいました。

あとは食洗機OKのタフさ、中心価格帯が3,500円くらいで、ビギナーでも「えいや」と買いやすいところも購入の決め手でした。ギフトにもよさそうです。
もちろんひとり暮らしだけでなく、家族と住んでいる方もきっと使い勝手がいいのでは!

皿・器だけにはハマるまい。ハマったら終わりだよ……と自分に言い聞かせていますが、やっぱり最近お皿を見るとうずうず。その前に料理のレパートリーをもっと増やさないとね、と思っている今日この頃です。(クロワッサン オンライン編集部 ユリ)

本当にいい色です。

ユリ

『クロワッサン オンライン』エディター。丸顔・ショートヘアに大きめピアスが基本スタイル。365日中300日は次に買いたいもののことを考えています。お酒好きが高じて、ひとり飲みができるお店を開拓中。

⇒ ユリの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。