くらし

【行ってよかった】ここでしかできない食体験がたっぷり! 秋の香川・小豆島「井上誠耕園」で国産オリーブの魅力に触れる旅。

クロワッサン倶楽部オンラインメンバーの松浦裕香里さんが秋の香川県のオリーブ摘み体験トリップへ。
キラキラと輝く瀬戸内海に浮かぶ島、小豆島。年間を通して穏やかな気候が特徴のこの島では、秋から冬にかけて国産オリーブの収穫時期を迎えます。

小豆島で70年以上に渡り親子3代でオリーブ栽培をしている「井上誠耕園」は、オリーブの栽培・加工・販売まで全て一貫して行なう、いわば国産オリーブのスペシャリスト。広々とした敷地内で農場から製造工場、最後にはお食事まで楽しめる井上誠耕園の農業体験は毎年大人気。まさに「食欲の秋」! 食いしん坊の私も張り切って参加してきました。

美しい眺望のオリーブ畑で収穫体験スタート!

東京ドーム3.3個分(約5万坪)にも広がるオリーブ畑は、日当たりがよく、小豆島の町並みを一望できる山の上にあります。
オリーブの実はひとつひとつ手摘みで収穫されています。実が傷ついて酸化してしまわないように、丁寧に摘み取るのがポイント。
枝葉の中に入って手摘みをしていくのですが、木の上から下、内側から外側まで隈なく摘んでいくとなるとこれがなかなか大変な作業。
終わる頃にはすっかり汗ばんでくるほど、しっかりとカラダを動かしました。

熟練の農園スタッフの方々がテキパキと収穫をしている姿が印象的でした。(1本の木を1人で作業するとなると5〜6時間もかかるとか。)
私たちが収穫したのは”ミッション”という品種のオリーブ。新漬けやオイル、化粧品の原料まで幅広く使用される品種だそう。
井上園主自ら、オリーブ畑を案内してくださいました。
瀬戸内海も望める雄大な景色をバックに、みっちり1時間!オリーブ収穫のお手伝いをしました。
井上誠耕園ではなんと、みかんの栽培も行なっています。収穫体験の合間におやつでいただいた採れたての”極早生みかん”は皮を向いた瞬間から香りも爽やかでお味もジューシー!
摘みたてのオリーブの実がどっさり。後半はみんな無言になるほど真剣に頑張りました!

高品質なオリーブオイルの鍵! 職人技が光る選果作業

手前は私たちが仕分けた新漬け用のグリーンオリーブ。奥の熟しているオリーブの実はこれからさらに細かく色分けされます。

農園内にある作業場では、先ほど摘んだばかりのオリーブの実を熟度別に仕分ける選果作業が行われます。これも熟練のスタッフさんたちによって、段階ごとの実の選定に加えて傷のチェック・枝の除去・サイズチェックなど全て細かく手作業で仕分け。

傷がなく美しく青いオリーブの実は人気商品でもある新漬け用に、それ以外はオリーブオイル用や化粧品用など、熟し度合いによって様々な用途で使われます。

ちなみに新漬け用のオリーブの基準は「これが新漬けオリーブになって、自分が食べたいかどうか?」が一番のポイントとのこと。これなら私たちもなんとか選べそう!ということで仕分け体験をさせいただきました。

実の熟成度合い別に8つに分かれているカラーチャート。さすがにこれは素人の私たちには難しそう…
実を傷つけないよう丁寧に、かつスピーディーに。ここでも職人技が光ります。

まるでオリーブジュース。絶品! 搾りたてオリーブオイル

まさに今、搾られたばかりのオリーブオイル。コクのある豊かな香りが工場中に漂います。

果実から搾って作られるオリーブオイルは、種から搾られる種類のオイルとは違い鮮度が命!収穫から選果、搾油までのスピードは24時間以内に全て行われています。新鮮な実から搾られるオイルは「エキストラヴァージンオリーブオイル」に。オリーブの実が持つ栄養素や風味を損なうことなく作られていて、酸度も低く高品質なオイルが生まれます。その風味の豊かさから「オリーブジュース」と言われるほど!

きれいに洗われたオリーブの実が次々と粉砕機の中へ。
粉砕されたオリーブの実をペースト状にしてかき混ぜているところ。残った搾りかすはオリーブ豚・牛の餌として無駄なく使われています。
遠心分離機で水分・油分に分けられ出来上がった搾りたてのオリーブオイル。オリーブの実の青い香りが喉まで広がるほどの味の濃さには驚きです。

産地と品種によって変わる味わい 奥深きオリーブの世界

オリーブの搾油工場の隣にある「Bakery and Cafe菊太郎」でひと息休憩。

”オリーブオイルを美味しく食べるためのパン”が食べられるのがコンセプトのこちらのカフェでは、産地や品種別で「新漬けオリーブ」「オリーブオイル」の食べ比べを体験しました。

品種別オリーブの新漬け食べ比べ。果肉の柔らかさや味のまろやかさなど、それぞれ全く違い、参加者の中でも好みがバラバラに。

井上誠耕園では、敷地面積が限られ生産量に限界がある小豆島以外にも、スペイン・オーストラリアにも提携農園があり様々な品種のオリーブの栽培を行なっているそう。
同じ品種でも日本で栽培するのと海外で栽培するのでは、風土や気候によって味も香りも、全く違うものになるのがオリーブのおもしろいところ。
オリーブの実の食べ比べは人生で初めて! どれも美味しかったのですが、それぞれ食感や旨味の感じ方が全く違うことに驚きました。

ふわふわの生食パンに、小豆島産とスペイン産の「緑果オリーブオイル」食べ比べもしました。小豆島産はまろやかなのに対して、スペイン産は美味しい辛みがジワーッと喉に広がります。
ふわふわ・モチモチの「生食パン」はオリーブオイルとの相性もぴったりですが、もちろんそのまま食べても止まらない美味しさ。
外までパンを焼く香ばしい香りが漂うお店は、1階がベーカリー、2階がカフェになっています。営業時間: 1階ベーカリー10時〜14時(売り切れ次第終了)、2階カフェ11時〜15時

ここでしか味わえない オリーブオイルのランチコースを堪能 !

池田港から徒歩10分ほどの場所にある「らしく園」2階にある井上誠耕園直営カフェレストラン「忠左衛門」は、観光客に大人気。営業時間:11時〜16時 (木〜土・祝前日〜21時半) 年中無休

農業体験もいよいよ終盤。最後は「カフェレストラン 忠左衛門」へ。こちらではオリーブオイルをふんだんに使ったランチコースが食べられるとのことで、私たちが訪れたこの日もランチは満席で賑わっていました。

前菜・パスタ・メイン・デザートに至るまで余すことなくオリーブオイルがふんだんに使われたメニュー。いつもの使い方とは違った発見を教えてくれるレストランでした。

前菜「緑果豚ハムのサラダ」 オリーブオイルを搾った後のペーストを食べて育った豚で作られた自家製ハムがダイナミックに乗ったサラダ。”追いオリーブオイル”をしていただきました。
「超熟オリーブオイル・林檎とパルミジャーノチーズのパスタ」林檎の甘みが香るフレーバーオリーブオイルを使ったパスタ。パスタは小豆島伝統の手延べ素麺の技法で作られた極細麺が特徴の「手延べパスタ」。
「オリーブ牛のビステッカ」オリーブペーストを食べた牛は、脂がさらっと溶けて甘いのが特徴。食べ終わった後も重さがなく、コクがあって甘みもしっかりしています。
「オリーブ茶」自家製焙煎のオリーブ茶はちょっぴり苦みがあり、身体に優しくカフェインフリーなのがうれしい。
「季節のタルト・ブドウと林檎のジェラート」ジェラートにはネーブルオレンジのフレーバーオリーブオイルが。爽やかな香りと、さっぱりとしたジェラートとの相性はバッチリ。

オリーブオイルがもっと楽しくなる、フレーバーオリーブオイルの魅力

美味しいお食事を堪能した後は、ランチコースに使われていたフレーバーオリーブオイルについてオリーブオイルソムリエでもある井上誠耕園の西田さんに解説していただきました。

オリーブオイルをもっと身近に楽しんでもらいたい。という想いから生まれたフレーバーオイルシリーズは素材も製法も様々。

100%果汁から作られる油でもあるオリーブオイルだからこそ、他の果実などとも同時に混ぜ合わせて油を搾ることができたそう。使う果実の油分に含まれる栄養素や香りがしっかりとオリーブオイルに溶け込み、風味豊かでさらに身体に嬉しいオイルが完成します。

ランチコースで出てきたようなお料理以外にも、いつもの食材にちょっぴりかけるだけで、グッと美味しさを増してくれるフレーバーオイル。その手軽さは、1本あればキッチンの万能アイテムとして使えそう。

オリーブオイルソムリエの資格ももつ西田さんがフレーバーオイルの製法や楽しみ方を教えてくれました。
レストラン1階にあるショップでも様々なフレーバーオイルが販売されていました。

今回の井上誠耕園のツアーは見て・体験して・食して…と様々な食体験がぎっしり!
特にオリーブの収穫は最盛期の今だけ。秋の気持ちいい瀬戸内の風に包まれながら巡るオリーブツアーは、身も心も癒される大満足な内容です。
ちなみに、今回参加させてもらったオリーブの農業体験は、一般の方も参加可能で10月初旬から11月下旬頃まで毎年行なっているそうですよ。
ぜひこの機会に秋冬の小豆島を堪能してみてください。(クロワッサン倶楽部オンラインメンバー  松浦裕香里)

松浦裕香里

オーガニック食品メーカー広報を経て現在はフリーランスPRとして活動。オーガニックナチュラルに精通した食の”おいしさ”と”楽しみ”やライフスタイル(旅・美容)について日々紹介している。

⇒ クロワッサン倶楽部オンラインメンバー

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。