くらし

無意識のその言葉づかいで、実はあなたは損をしています。

ちょっとした言葉づかいが人間関係の潤滑剤にもなれば、トラブルの原因にもなる。人材育成アドバイザーの平井理恵子さんにお話を伺います。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・一澤ひらり イラストレーション・村上テツヤ
平井理恵子(ひらい・りえこ)さん●人材育成アドバイザー。Biztrex代表。ビジネスマナーやコミュニケーション指導の専門家。日本航空客室乗務員を経て、企業研修講師として20年以上の実績を持つ。

人の品格が表れる言葉づかい。誤ると、3つの損をすることになるという。

「1つ目の損は言葉づかいができていないことで、相手に不愉快な思いをさせることです。例えば、目上の人に『おいしいですから、食べてください』と言うより、『(お口に合わないかもしれませんが)召し上がってください』と言えれば誠意が伝わりますよね」

と指摘するのは、多くの企業で長年、言葉づかいを指導してきた平井理恵子さん。日本語で難しいのは敬語だが、それが正しく使えないと誤解もされる。これが2つ目の損。

「買い物をして、店員さんから『商品をお持ちしますか?』と聞かれたら、店員が商品を持ってきてくれると思いますよね。ところが店員のほうは、客が商品を自分で持ち帰るのかと尋ねたつもりだったというケース。無用なトラブルにもなりかねません」

そして、3つ目の損は敬語以前。ふだんの物言いが無神経で、教養や人間性の浅薄さをさらけ出してしまうこと。

「『マジむかつく』とか『めっちゃカワイイ』とか、口をつく若者言葉はTPOを選ばないと、人の信用を失います」

大人が身につけるべきは正しい言葉づかいと、その場にふさわしい使い方。必要な表現力、判断力を磨きたい。

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。