くらし

【後編】人生のお愉しみはこれから!中野翠さん流、70代の暮らし方。

70代になっても凛としてかっこいい中野翠さん。その日々は、年を重ねても自由に人生を楽しむヒントにあふれている。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・中野 翠 文・斎藤理子

〈 今、愉しいこと、いろいろ。 〉

「黒っぽい服が多い分、 小物で存在感のあるものを。」

若い頃からモノトーンの服が多かったという中野さん。黒い服は自分の陣地にいるようで落ち着くのだそう。その分、小物は大ぶりで鮮やかな色調の、存在感あるものを選ぶようにしている。

「宝飾品には全然興味がなくて。繊細なものも似合わないの。アクセサリーは、黒い服に映えるモダンアートっぽいデザインのものが好きです」

長年愛用している黒い服だが、最近は少し変化が生じているという。

「若いうちは黒も似合うけど、年齢がいくと単なる暗い色。だから、最近は明るい色で何が着やすいか考える日々ですね。赤、ラベンダー、黄色、オレンジあたりはいけそうだと思い、取り入れる努力はしているんですが、結局黒と合わせてしまいます(笑)」

1.バッグは何でもザバッと入れられる大きいものを選ぶ傾向が。コム・デ・ギャルソン・トリコから、ビニール製ストローバッグまで、ブランドより使いやすさを優先。
2.昔から好きだというボーダー柄は、今も愛用中。ボーダーなら赤も違和感なく着られる。
アッシュ・ペー・フランスもお気に入りで、アクセサリーはほとんどここで買ったもの。自然と個性的で大胆なものばかりに。
1.バッグは何でもザバッと入れられる大きいものを選ぶ傾向が。コム・デ・ギャルソン・トリコから、ビニール製ストローバッグまで、ブランドより使いやすさを優先。
2.昔から好きだというボーダー柄は、今も愛用中。ボーダーなら赤も違和感なく着られる。
アッシュ・ペー・フランスもお気に入りで、アクセサリーはほとんどここで買ったもの。自然と個性的で大胆なものばかりに。

「家にこもる時間が長いから、 レースや柄物で気分を上げる。」

気分が上がるルームウエアは、かつて外出着だった愛着ある服。

「レースは女心をくすぐるじゃない?ゴージャス感もあって。ウエストがゴムではきやすくて楽なのもいいの」

同じく家着として愛用している、ワイズ・フォー・リビングのパンツは、自身で施したリメイクがユニーク。

「黒地に白い水玉模様の生地なんだけど、ふと裏返してみたら水玉がぼやけていて面白いの。ポケットはウサギの耳みたいに垂れていてかわいい。そこで、“裏返してはいている感”を強調するために、両サイドを白の刺繡糸で大きめにステッチして、缶バッジをつけてみたら、オリジナルの普段着の出来上がり。すごく気に入ってます」

古い襦袢や着物をアロハシャツに仕立て直すというのも、中野さんのアイデア。デザインも色も斬新で、オシャレなアロハに変身している。

「サラサラしていて肌触りがいいので夏にはぴったり。シワにならないから旅行にも重宝しています」

昔から好きだった愛着のある服をルームウエアにすれば、家で過ごす時間がずっと愉しくなると、中野さん。

古い襦袢(左)や着物(右)をアロハシャツにリフォーム。 古着物店では、リフォーム前提で着物を選ぶことも。
右・こちらは20年ほど前に購入したコム・デ・ギャルソンのカラフルなワイドパンツ。パッチワーク風プリントに気分が上がる。左・裏返してリメイクしたワイズ・フォー・リビングのパンツ。両方ともウエストがゴムで楽チン。
古い襦袢(左)や着物(右)をアロハシャツにリフォーム。 古着物店では、リフォーム前提で着物を選ぶことも。
右・こちらは20年ほど前に購入したコム・デ・ギャルソンのカラフルなワイドパンツ。パッチワーク風プリントに気分が上がる。左・裏返してリメイクしたワイズ・フォー・リビングのパンツ。両方ともウエストがゴムで楽チン。
1 2

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE