真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

イラストレーション・瀧川裕恵

毎月1日・15日に、人気占い師の真木あかりさんが占断する、『九星気学占い』。
総合運はもちろん、気になる対人運や金運、吉方位も公開。毎日を気持ちよく過ごせるアドバイスをお届けします。まずは生年月日から本命星を調べてみましょう。
2021年上半期の運勢はこちら。

【6月1日〜14日の流れ】

上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。

あなたの本命星は?

本命星を確認する

真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

真木あかり(まきあかり)

占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。

『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。