【6月1日〜14日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

どんどん前に進もう、前向きに頑張ろうという前向きな意欲が沸き起こってきそう。迷いもあるかもしれませんが、その原因は「今まで通りのやり方をしているから」である可能性が大きいでしょう。たとえ新しいチャレンジをする場合でも、マインドが同じならやっぱり迷いは強くなります。こうした状況を改善するカギとなるのが、使う「時間」を変えること。たとえば夜型から朝型にする、夜の時間の使い方を変える等してみると、視野も気分も変わります。新しい気付きが、前向きな発想につながるでしょう。

対人運

急に賑やかになってくる人が多いでしょう。相談事やお願い事を持ち込まれたり、ご無沙汰している人から連絡があったりと、引っ張りだこになることも多そうです。あなた自身も、課題を抱えているのならひとりで悩むより、人に協力を求めたほうがいい結果になりそう。弁護士や税理士、ファイナンシャルプランナー等のプロはもちろんのこと、身近な人も意外なことに詳しかったり、「そういうことなら」と手を貸してくれたりするでしょう。プロに心当たりがないなら、知人経由での紹介が◎。

金運

無理のない範囲でよいので「人にあげるもの」にお金を使ってみるといいときです。金額の多寡はあまり関係がないので、気張りすぎなくて大丈夫。たとえば職場にドーナツを差し入れたり、離れて暮らす家族にとびきり綺麗なポストカードを送ったり、なんていかがでしょうか。これは私が「あの人喜ぶかな、むふふ」と思って考えた例なので、あなたも大切な人たちの顔を思い浮かべながら「喜ぶかな、むふふ」と思えるものを考えてみてください。きっと、いい金運の循環が始まります。

吉方位

1日:南、北 2日:南東、南西、北東 3日:東、西、北東 4日:南、西、北西 5日:北 6日:南 7日:東、北西 8日:東、南西、西 9日:南東、南西、北西 10日:東、南、北 11日:南東、南西、北東 12日:東、北東 13日:南、西 14日:北、北東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。