【6月1日〜14日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

気温の変化に体がついていけていなかったり、気圧のアップダウンに振り回される感覚があったりと、環境の影響をダイレクトに受けてしまいそう。無理はせずに休息を多めにとって、消化のよい食事を心がけるなど自分に優しく過ごしましょう。なお、心にも優しくというのはお約束です。「元気にできない自分はダメ」といった発想は、仮に浮かんだとしても丁寧に心のなかから取り除いておくこと。自分を責めても気力までももっていかれるだけですから。

対人運

家族や親しい人の言動に、過敏に反応してしまうことがありそう。いつもなら気にも留めないことが気になるのは、何か問題が起こっているというより疲れているだけのこと。「休んだほうがいいよ」という運命からのサインだと思って、休息をとりましょう。誰かを傷つけるような発言だけはその場で注意する、ということだけ意識しておけば問題はないはず。もし人が信じられなくて辛いときは、前向きになれる映画を観るのもアリでしょう。(インド映画「きっと、うまくいく」とか!)

金運

金運は堅調。大きな問題はなく、頑張った分だけ必要な対価を得られますし、ショッピングにおいてもいいものを購入できるでしょう。欲しいものについては妥協しない、というのはこの時期の金運を上手に使って生活の満足度を上げる大きなポイント。特に服や靴など身につけるものについては、「これでいいや」と妥協してしまうと、だんだん日常生活がぼんやりして自分のしたいこと、目指すものもぼんやりしてしまいそう。「これがいい」と思えるものに出会えるまで、粘り強く探して。

吉方位

1日:南、北 2日:南東、南、南西、北、北東 3日:東、南、西、北東 4日:南、南西、西、北西 5日:西、北 6日:南東、南、北西 7日:東、北西 8日:東、南西、西 9日:東、南東、南西、北西 10日:東、南、北 11日:南東、南、北、北東 12日:東、南、北東 13日:南、南西、西、北東 14日:西、北、北東

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。