【6月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

周りに引っ張ってもらうかたちでうまくいく週。あれこれやるべきことは山積みだろうと思いますが「ついでに○○してあげるよ」「私にまかせて!」などと言われたら、ひとりで抱え込まず厚意に甘えてしまったほうがいいでしょう。仕事や所属している組織での役回りについては、選べるならばぜひサポート役的な立場をチョイスして。いつも以上に、かゆいところに手が届くような仕事ができるはず。

対人運

これまでどうしても冷たく堅い壁を作られていると思えていた人との関係が、ふわりとほころんでくるのを感じられる2週間。嫌われているわけではなく、相手は相手で心を開くまでの複雑なステップをひとつひとつクリアしていたのだ、ということがわかったりもするのでしょう。まだ壁が完全に取り除かれたわけではなさそうですが、物事の良い面を見てあたたかい気持ちを向けていきたいところです。少しずつ、良くなっていくと信じて。

金運

金運は大きな変動はなく現状維持の見通し。ただ、「現状」ということは良い状態はそのまま維持、そうでない状態もそのまま維持……ということなので、今がうまくいっていない場合は流れに逆らって、しっかり行動を起こす必要があります。家計を見直して固定費を削る、支払いを猶予してもらえそうなものはしかるべき窓口に相談するなど、少しでも上向きにできそうなポイントを探してみて。道はきっとあります。

吉方位

1日:南東 2日:南東、南、北 3日:南、南西、北東 4日:南西、西 5日:西、北 6日:南、北東 7日:自由に過ごす日 8日:東、西、北西 9日:東、南西、北西 10日:自由に過ごす日 11日:南東、南、北 12日:南、南西、北東 13日:南西、西、北、北東 14日:西、北

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。