【6月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

対人運も金運も順調で、ホッと一息つけるような状況が巡ってきます。ストップしていたことも「再始動」のような動きに入り、見通しが良くなってくるでしょう。場合によっては計画がさくさく進み、下半期の見通しや目標が早くも視野に入ってくることもあるでしょう。急ぎすぎということはありません。順調なときに立てた目標というのは、思った以上の幸運につながりやすいというもの。「うまくいっていい」という前提で、楽しくイメージを広げてみて。

対人運

あなたはここ最近、どれくらい「本音」を出しているでしょうか。本音というのはけっこう個人差が大きく、また成長によって出せるようになる人もいれば、いろいろな経験を通して寡黙さを大事にするようになる人もいます。この2週間においては、本音はどんどん出していくことが大事です。大事なのは否定形で悲観論を語るのではなく、たとえネガティブな内容であっても「今はこうだけど、こうしていけばいいと思う!」と、希望につなげること。相手に愛と敬意を持ってさえいれば、おそらく自然にそうすることができるはずです。今までちょっぴり勇気が出なかった人も、自分を信じて。

金運

「一円を笑うものは一円に泣く」などという言葉がありますが、かといって「1円安く買えるお店まで頑張って行く」的な状態になってしまうと、それはそれで労力の分だけ損をしている、と言えるでしょう。大事なのは、額の多寡にかかわらずバランス感覚を活かして大切にすること。ちょっとアンバランスだった節約・倹約は無理のないやり方に戻し、ポイントやマイルは溜まっていたなら使ってしまいましょう。使わなくなったサブスクリプション系サービスは解約を。無意識のうちに溜まる・消えるものを整理すると、運気も整います。

吉方位

1日:南東 2日:南東、北東 3日:東、南、西 4日:南西、北西 5日:西、北 6日:南東、南、北西、北東 7日:東、西 8日:南西 9日:東、北西 10日:自由に過ごす日 11日:南東、北東 12日:東、南 13日:南西、北東 14日:西、北

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。