【6月1日〜14日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

5月後半は少し疲れやすかったり、弱気になったりすることも多かったでしょうか。アップダウンのあるなか、頑張っていらっしゃいましたね。今月は気力・体力ともにプラスに転じます。まずは前向きな気力が、それに引っ張られるように体力が……と、自分の内側からエネルギーが湧いてくるのを感じられるはず。ただし無理は禁物。蒸し暑くなってきたり、冷房でひんやりしたりする時期です。プラスに向かうことも少しずつ、が一番です。

対人運

頭が冴えて、物事の成否がパッとひらめくとき。それだけに「そのやり方じゃダメだよ」「もっと頑張らないと」といったことを言いたくなるでしょう。ただ、この時期は言葉だけが強めに相手に伝わってしまう傾向があります。相手のためを思うあなたの優しさや励ましの心が相手の心の奥に届くのは、もっともっと後のことになるのでしょう。もちろん重大な過失やケガにつながるときは何を差し置いてでも止めなければなりませんが、「こういう理由だから、それは危ないよ」などと理由もしっかり伝えるとわだかまりが生まれにくいでしょう。

金運

お金は入ってきたと思ったらすぐに出ていって、手元には残りにくいとき。ただ、必要があって出ていくもののはずなので、変にケチケチしては運の流れを止めることにもなってしまいます。払うべきものには気持ちよく払う、ということを心がけましょう。副業やパートなど、空いた時間を上手に使うタイプの仕事は条件のいいものに出会えそうです。探しているならぜひ情報収集を。

吉方位

1日:南、北 2日:南、南西、北、北東 3日:南、北東 4日:南、西、北西 5日:西 6日:南東、北西 7日:東、北西 8日:南西 9日:東、南西 10日:東、南、北 11日:南、北、北東 12日:南、北東 13日:南、西 14日:西、北東

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。