【6月1日〜14日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

びゅうびゅうと吹き付けてくる向かい風も、くるっと背を向ければ追い風に変わります。この2週間はそうした傾向が強くなるでしょう。見方や向き合うスタンスを変えることで、180度変わるものがあるのです。これは単純に「歯を食いしばってポジティブ発想をせよ」というお話ではありません。そんなことをしても、心はついていけませんもの。そうではなく、くるっとターンをするような軽やかさで「変わる」瞬間を、「この部分は使えるかも!」なんて思えることを、見つけてみてはどうだろうかという提案なのです。

対人運

自分と身近な人の温度差を感じてしまいやすい様子。あなたがやる気を出そうとしているのに周囲が妙に冷めきっている、逆に周囲がアツくなっているのにあなたはなぜか乗り切れない……といったことがありそうなのです。これは連帯感に欠けるといった大げさな話ではなく、注目しているところや面白いと思うポイントが違うだけの話であるよう。自分は自分、人は人と割り切って、自分なりに面白いことに没頭していけば、バラバラ感も「適材適所」という意味を持ち始めることでしょう。

金運

まとまった出費は見通しが狂いやすいとき。たとえば趣味のものを買うにしても、道具を一気に揃えるよりは「スターターキット」的なもので小さく始めるのがベスト。気に入ったら他も……という方法で広げていくといいでしょう。ほか、食材や日用品のまとめ買いも使い切るのに苦心したり、ムダが出てしまったりと、あまり良いことはなさそう。「ああ、こんなに美味しいならもうちょっと買っておけばよかった! また食べたいね」くらいのときが、一番美味しく感じたりもするのですよね。

吉方位

1日:自由に過ごす日 2日:南東、北 3日:東 4日:東、南東、南西 5日:東、西、北 6日:南、南西、北西、北 7日:南、北 8日:西、北東 9日:東、西、北東 10日:北西 11日:南東、北西、北 12日:東 13日:東、南東、南西、北東 14日:東、西、北

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。