【6月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【6月1日〜14日の流れ】
上半期最後の1ヵ月は1月からここまでの歩みをフッと振り返る、という方も多いかと思います。九星気学の観点からいってもそういう時期で、世の中的にも振り返りと、それを踏まえて下半期にどうするか、ということが取り沙汰されるようになるでしょう。個人レベルでは、一瞬立ち止まって現状を整理したら、スパッと行動に移す。この一瞬立ち止まる、というところが今月のポイントです。整理するときに見つめたいのは向こう半月、1ヵ月といったある程度まとまった期間のこと。今やらなくてもいいこと、しばらく様子を見たほうがいいことなど、引き算思考で「今」をプランニングしていけるといいのかな、と思います。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

変化の暗示が出ています。変化にも「渦のなかに巻き込まれるような変化」「風に煽られるような不安定な変化」などいろいろな形があるのですが、この時期の四緑木星の人に訪れる変化は「立ちはだかる壁」と感じられることが多いでしょう。土台はしっかりしているので、気持ちを落ち着けて臨みさえすれば問題解決の方法は見つかるはず。策としては「乗り越える」か、「地道にこりこり削って穴を開ける」かの2択になります。実力をつけるか、じっくりやるか、どちらがいいか検討を。

対人運

何かと対抗意識を燃やしてきたり、否定的なことばかり連発したりする人にモヤモヤ。正面から「そういうことを言っても意味ないでしょ」などと言おうものなら、今度はあなたが対抗意識を燃やしていると勘違いされてしまうことも。無理に理解し合おうと思ってもストレスが溜まる一方ですから、心のなかで「はいはい」と流してやるべきことをやる、それがベストかと思います。他についても、ぶつかり合うようなことはできるだけ避けて。

金運

大きな問題はありませんが、契約書類や領収書、請求書のたぐいはしっかりチェックを。他人のデータが入っていたり、数字が間違っていたりと、一歩間違えばおおごとになるようなミスが見つかりやすいときです。時間が経つと訂正や返金にも手間がかかるばかりなので、受け取ったらすぐに確認するといいでしょう。ショッピングの際もレシートはチェックして、商品の個数や割引がしっかり効いているか、といったあたりを見ておくといいでしょう。

吉方位

1日:南東 2日:南西 3日:南西 4日:東、南 5日:南西 6日:北 7日:西、北西 8日:北西、北東 9日:南東、西 10日:北西 11日:自由に過ごす日 12日:南西 13日:東、南、北 14日:南西、北東

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。