暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【1月15日〜31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。

文・真木あかり

七赤金星

【1月15日〜31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

パワフルなやる気が湧いてきそう。ハードルが高いことでも「やってみないとわからない!」などと気軽にチャレンジし、実際にミラクルを起こすようなこともありそうです。ただ、あまりに見通しが甘いとさすがに墓穴を掘ることも。自分のことならまだしも、人からのお願い事については十分に検討し、ダンドリを考えてから引き受けるといいでしょう。軽い気持ちで口約束をしないことも大事です。

対人運

自分の「当たり前」と他人の「当たり前」は違う、ということを実感するような出来事がありそうです。もちろんあなたとしても、そんなことはわかっているはず。それでも「普通はこうするもんじゃないの!?」と思うことがあったら、相手に期待しすぎていたのかもしれません。自分にとって「アウェー」の場に足を運ぶときは、どう振る舞うのがベストか事前に調べておくといいでしょう。

金運

フードロスを減らす工夫をしたり、ものを捨てる前に再利用したりと、資源を大切に使うひと工夫が金運を維持することに役立ちます。たとえばすぐに使う食品なら、陳列してあるもののうち消費期限が迫ったほうを選ぶ、といったこともフードロスを減らすことにつながるかもしれません。ひとりができることは小さくとも、あなたを中心に堅実な運気が広がって大きく波及していくでしょう。

吉方位

15日:北西 16日:南東 17日:北東 18日:東、西 19日:北西、北東 20日:西、北 21日:南東、南、北西、北東 22日:東、西 23日:南東、南西 24日:東、北西 25日:南東 26日:南東 27日:南、西 28日:南西、北西、北東 29日:西、北 30日:南東、北西、北東 31日:東、西

七赤金星の基本性格

秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

  1. HOME
  2. 【1月15日〜31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載