【9月15日〜30日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【9月15日〜30日の流れ】
前半に報道されたエリザベス女王の訃報に、大きな時代の“終わり”を感じた方も多かったでしょうか。20世紀を代表する方々の訃報に際するとどうしても「終わった」ことにばかり心が向くものですが、過去に培われた知見や文化というものは、それを土台にして新しいものが生み出されていきます。終わることよりも、何を生み出していくのか。そこに目を向けることで、有意義な日々にすることができるでしょう。実りの秋もいっそう本格化するこの季節、楽しんでまいりましょう。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

ハチャメチャに多忙なのですが、これは「良い多忙」です。良い多忙などあるものか! と叱られてしまうかもしれませんが、ここでの忙しさにはどこか「あなたの才能を活かせる用事」「楽しく取り組めること」の割合が多いのではないでしょうか。楽しく勢いがある状態というのは、さらなる幸運を引き寄せます。運も人も、楽しそうな人のところにこそ集まってくるからです。だからきっと、目の前の物事に価値を見出すほどに、呼び合うようにしていい出来事が起こってくるだろうと思うのです。

対人運

人に恵まれる半月。特に「人生の先輩」と呼べるような立場の人が引き立ててくれたり、「この人なら大丈夫」と太鼓判を押してくれたりするでしょう。ただ、調子に乗ると失速も早そう。調子がいいと思えるときほど堅実に、語りたいことがたくさんあるときほど真面目に言葉を選んで、人と接していくとよさそうです。噂話は、聞くのは運を迷わせる一方で、話すと停滞を招きます。その場にいない人の話題を出していいのは、褒めるときだけです。

金運

金運は好調ながら、ちょっと土台がゆらぎやすく安定しない予感。確かなものにするためには、停滞の原因を取り除いておくことが大事です。払い忘れの税金や公共料金があればすぐに払うようにしましょう。また、もう使っていないクレジットカードや銀行口座は解約し、身軽になっておくのもオススメ。お財布の中身も整理し、不要なレシート等は処分しておきましょう。スッキリさせることで、新しい運が入ってきます。

吉方位

15日:南西、北西 16日:東、南、西 17日:南東、北東 18日:自由に過ごす日 19日:東、北西 20日:南東、南西 21日:東、西 22日:南東、南、北西、北東 23日:東、北西 24日:南西、北東 25日:東、南、西 26日:南東、北東 27日:南東 28日:東、北西 29日:南東、南西 30日:東、西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。