【9月15日〜30日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【9月15日〜30日の流れ】
前半に報道されたエリザベス女王の訃報に、大きな時代の“終わり”を感じた方も多かったでしょうか。20世紀を代表する方々の訃報に際するとどうしても「終わった」ことにばかり心が向くものですが、過去に培われた知見や文化というものは、それを土台にして新しいものが生み出されていきます。終わることよりも、何を生み出していくのか。そこに目を向けることで、有意義な日々にすることができるでしょう。実りの秋もいっそう本格化するこの季節、楽しんでまいりましょう。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

先週の勢いを引き継ぐような、強運の2週間。テーマを一言で言うなら「まとまる」です。話がまとまる、要望がまとまる、バラバラだった人がまとまるなど、同質のもの同士がくっついて前向きな展開につながっていくでしょう。ここで「またバラバラになるかも」などと様子見に徹するのはNG。まとまっているうちに動いてこそ、その後もいいかたちで維持されるのです。「この時期のまとまりは、あなたの行動ありきで維持する動きが発動する」ということは、ぜひ覚えていらしてください。

対人運

交渉や話し合い、お願い事など、難しい調整に駆り出されそうな暗示。この時期の特徴として「強く出ると、かえって物事が動かない」というものがあります。たとえば何かして欲しいことがあるとして、「やってよ!」と言っても相手は動かないのです。「あなたならできると思うんだけど……」と言って相手の返答を待ったり、「やる時間ある?」と相手の余裕を聞いたりすると、相手のYesを引き出せるはず。仮にNoだったとしても、もっといい代替案を出してくれることでしょう。

金運

あなた、あるいは家族の仕事運がアップすることで家計にゆとりが生まれそう。または独身であれば、リッチなお相手とご縁ができることもありそうです。金運の発展期にあたる時期なので、金運を「育てる」ようなこと、つまり開運アクションにも向いたときです。たとえばこの時期であれば、「朝7時〜11時までの時間を充実させる」「東南方位にある神社を参拝する」などが、金運のブースターとなるでしょう。ぜひ、楽しみながらトライしてみてはいかがでしょうか。

吉方位

15日:南西、西、北西 16日:東、南、西 17日:南東、南、北、北東 18日:東、南、北 19日:東、南西、北西 20日:東、南東、南西、西 21日:東、南東、北西 22日:南東、南、北西 23日:東、南西、北西 24日:南、南西、西、北東 25日:東、南、西、北東 26日:南東、南、北東 27日:南、北 28日:東、南東、南西、北西 29日:南東、南西、西 30日:東、北西

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。