【 2022年8月1日〜2023年1月31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2022年8月1日〜2023年1月31日までの運勢の流れ】
上半期に引き続き、五黄土星の1年が続いていきます。上半期は世界を揺るがすような出来事が多く起こりました。五黄土星は「帝王の位置」などと呼ばれる強い星で、「混乱」「破壊」といった意味を持っています。世の中的には「土」に関する出来事が多く起こるため、土砂災害など土に関することには警戒しておくと良いでしょう。世界的な穀物の高騰、石油の高騰なども広く見れば「土」に関することです。五黄土星の星回りは2023年8月3日まで続きますから、その頃まではなかなか、状況が落ち着かないかもしれません。
自分の土台を作る、ということにおいては上半期に引き続き前向きな動きが起こりますが、半年を振り返って考えるに、自分にとって必要なものとそうでないものが、はっきりと見えてきた人は多いことでしょう。モノはもちろんのこと、人間関係や日々のルーティン、仕事なども同じです。これらを見直すことで、下半期の日々が健やかなものとなるはずです。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

下半期のスタートとなる8月(九星気学では、1年は2月からカウントするため、8月からを下半期としました)は、ちょっとアップダウンが大きく落ち着かない見通し。やたらと気ぜわしいばかりで形にならず、人間関係も目まぐるしく変わって誰が敵で誰が味方かもわからない状態に陥ることも少なくないでしょう。今まで仲よくしてきた人とも価値観の差ばかりを感じてしまったり、自分だけが空回りしているような気分になったりと、気持ちも穏やかではありません。
おそらく10月頭、秋の気配が次第に濃くなってくる頃までは、なかなか落ち着くことはないでしょう。ただ、何もかもが変わっていくなかで、はっきりとすることもあります。待たされていたことは白黒はっきりつけられるでしょうし、これまで積み上げてきたことにも明確な結果が出ます。これまでずる賢く立ち回り、オイシイところばかりをつまみ食いしてきた人も、おそらくは今まで通りとはいかなくなるでしょう。
こうしたなか、本格的に運気が回復の流れに入るのは10月後半以降。11月から翌1月にかけては、運気はじわじわ活気が出てきます。ここまで地道な努力を続けてきた人ほど。報われる部分も多いのだろうと思います。

対人運

過去のあなたが、どれだけの信頼関係を築いてきたかがこの半年間の対人運を左右しそう。聡明で行動力のあるあなたであれば、どんなときも誰に対しても一生懸命働きかけて来られたことと思いますが、ときに苦い思いをひとりで飲み込んだり、人知れず悩んだりしたこともあったでしょうか。8、9月は静かな内省のときを過ごされる方も多いはずですが、「自分が人に対して、真摯に頑張ってきたことは間違いではなかったのだ」と思えるのが10月中旬以降の日々です。この頃から思ってもみなかった引き立てを受けたり、「あなただからお願いしたい」と重要な役割を任されたり、といったことが多くなってくるでしょう。ピンポイントでのご指名は、あなたへの敬意も含まれているはずですから、多少プレッシャーが高いと思っても前向きに引き受けてみるとよさそうです。
なお、この夏はリアルな知り合いでも、SNSつながりの相手であっても、ひとりかふたりくらいは理由もわからないまま疎遠になるようなことがありそう。ただ、おそらくは「相手の問題」ですから、あなたが気に病みすぎることはないでしょう。そういうことも、ある。そう思って、今つながっている人を大切にしたい時期です。

恋愛運

10月から翌1月にかけてはいい時期にあたっています。恋を探している人は11月から12月にかけて出会いが多そう。自分から動くことが条件にはなりますが、いろいろな人と接点を持ち、交流することを意識したいところです。急に連絡が来て「すぐに会おうよ!」なんてミラクルな展開も期待できる時期ですから、いつ好きな人からお誘いを受けてもOKと言えるように、心の準備を整えておくといいでしょう。
ファッションについても、申し上げるまでもありません。秋から冬にかけてのこの時期は、カップルにとっても楽しいことが多い時期です。マンネリ化したふたりであっても、初めての場所でデートをするなど新鮮な風をどんどん取り入れてみたいところです。
さて、「10月から」と始めたのを、少し不審に思っている方もおられるでしょうか。そう、この下半期について要注意なのが、飛ばして書いた8月から9月にかけてなのです。この時期は、カップルでもこれから始まるふたりであっても、相手に知られたくない秘密が明るみに出やすいとき。道ならぬ恋が始まりやすいときですし、すでに始まっているのであれば思わぬタイミングで関係が露見することもありそうです。関係にヒビを入れたり、誰かを傷つけたりすることのないように、慎重な態度が求められるときと言えそうです。

金運

金運は8月から10月まで、なかなかシビアな状況になっています。見栄をはってパッと使ってしまったり、やり繰りに苦労したり、資産運用が思ったほどうまくいかなかったりと、気が滅入るようなことも多いでしょう。ただ、10月以降は見通しも良くなってくるはず。10月は不動産関連や住宅ローンの借り換えなどにいい動きが期待できそうですし、11月から12月にかけては収支のどちらも活発に。手元には残りにくいのですが、いいものを手に入れたり、親しい人と美味しいものを食べたりと、楽しい時間が続いていきます。1月は貯蓄に前向きな動きが。資産が増えるなど、嬉しい展開が待ち受けている人は多いだろうと思います。

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。