【8月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【8月1日〜14日の流れ】
6日まではバタバタと慌ただしい雰囲気となっていますが、その後は次第に落ち着きを見せます。ただ、表面上は動きがない出来事ほど、水面下で善悪ともにさまざまな物事が起こっているという暗示も出ています。「善悪ともに」というところは、大きなポイント。誰もが多かれ少なかれ、善悪を丁寧に分けていくことが必要となります。「分ける」ことは「分かる」ことでもあり、対象をきちんと理解しようとする姿勢が必須です。思い込みやイメージで判断するようになると、この8月前半は見誤ることも多くなるのでしょう。夏というエネルギッシュな季節は私たちを前へ前へと動かそうとしますが、敢えて立ち止まって熟考する。という時間も重要であろうと思います。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

全体を見渡すことができるときです。仕事や生活の現状も、人間関係も、健康やお金についてのあれこれも、今までの流れをざっと振り返り、これからのプランニングをしてみるといいでしょう。実は、この2週間のあなたは非常に多忙。それも「嬉しい多忙」です。楽しいビジョンを持てる用事が多いのですね。「そんな悠長なことを言ってないで、どんどん前に進みたい!」と思う気持ちも出てくるはずですが、それだけだと運はちょっと頼りないものになってしまいます。自分軸をちゃんと見据えて、運を自分にとって有利な方向に動かしていきましょう。

対人運

「調和」がキーワードに。なにぶん相手がいることですから、「自分が頑張っても、相手があの態度じゃあ……」と思うこともあるかもしれませんが、あなたが平常心で接していれば向こうのほうから態度を軟化させてくるはずです。もちろん、普段から周囲と調和的な関係を築けているのであれば、まったく問題ありません。協力し合って、絆を強めていける夏になるでしょう。

金運

財運はいい流れがちょうど始まるところです。あまり大胆に浪費をしてしまうと、将来の運まで痩せてしまうことになるので節制モードがベストではありますが、「堅実」と「ケチ」はきちんと分けてこそ意味のあるお金の使い方ができるよう。特に食べ物と外見にかかわることは、ケチれば運気はジワジワと低迷することに。どちらも、自分やイメージを作る大切な要素です。安物買いに走ることなく、「良いものには、しっかりお金をかける」という方針を貫けると素敵です。

吉方位

1日:南西、西、北東 2日:南、南西、北東 3日:南東、北 4日:南東 5日:東、北西 6日:東、南東、北西 7日:南東 8日:南、北東 9日:西 10日:南西、西、北 11日:南、南西 12日:南東、南、北 13日:自由に過ごす日 14日:東、南西、北西

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。