【7月1日〜14日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
さあ、暑い夏がやってきました。カレンダーでいえば下半期のスタートとなる7月は、まずは「いらないものを取り払う」という動きが起こりそう。人間関係も仕事も、用事もモノも「たくさんあったほうがいい」「多ければ多いほどいい」といいわけではないというのは、あなたもご存知のはず。ひとつひとつの物事をよく吟味しながら、いらないものを取り払い、前に進んでいきましょう。なお、「選ばなくても、自然に残ったものを採用する」というやり方もあることはあります。ただ、今月はその方策を取ると、弱い立場に置かれたり、気持ちが迷子になったりと、あまりハッピーな方向にはいきにくい見通し。気が向いた分、できる分だけでも「吟味する」「不要なものを取り払う」ということを意識してみるといいでしょう。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

忙しかった上半期が終わり、7日頃から少しずつ気持ちにゆとりが持てるようになるでしょう。しばらくお預けにしていた趣味に没頭したり、食事でもしながら親しい人とのんびりしたり、心が満たされる日々が増えていきます。この2週間はまさにそうやって自分を満たすことが大事です。そして、「嬉しいな」「いいな」と思うことがあったなら、それをぜひ周りの方とシェアしてみてください。それにより、いい運が循環していきます。

対人運

「最近の人の言うことはわからない」「上の世代の人は頭が堅い」など、世代間の考え方のズレは誰しも、多かれ少なかれ感じたことがあるでしょう。憤慨したり面倒に感じたりといったこともあったかもしれませんが、この期間はちょっと違います。その世代なりの気遣いだったり、つらい経験から自然と身についた防衛手段だったりと、いろいろな背景が自然と見えてくるのです。理解があなたを優しくしてくれますし、それによって人間関係も円満になっていくでしょう。

金運

「欲」というものはあまり良くない意味で使われることも多い言葉ですが、生きるためのエネルギーでもあります。「こうしたい」という意欲が、人を前に動かすことも多いからです。そうした意味で、今週のあなたはとてもイキイキしています。欲しいものが見つかったり、もっと多くの資産を手にするぞと決意したりして、「よし!」と思えるからです。少々気が大きくなりやすい傾向もありますが、欲しいものには堂々と、正面から手を伸ばしてみてはどうだろうかと思います。

吉方位

1日:南東、南西、北西 2日:南、北 3日:南東、南西、北東 4日:東、西、北東 5日:西、北西 6日:北 7日:南 8日:東、北西 9日:東、南西、西 10日:東、南西、西 11日:東、南東、北西 12日:南 13日:南西、北西 14日:西

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。