【7月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
さあ、暑い夏がやってきました。カレンダーでいえば下半期のスタートとなる7月は、まずは「いらないものを取り払う」という動きが起こりそう。人間関係も仕事も、用事もモノも「たくさんあったほうがいい」「多ければ多いほどいい」といいわけではないというのは、あなたもご存知のはず。ひとつひとつの物事をよく吟味しながら、いらないものを取り払い、前に進んでいきましょう。なお、「選ばなくても、自然に残ったものを採用する」というやり方もあることはあります。ただ、今月はその方策を取ると、弱い立場に置かれたり、気持ちが迷子になったりと、あまりハッピーな方向にはいきにくい見通し。気が向いた分、できる分だけでも「吟味する」「不要なものを取り払う」ということを意識してみるといいでしょう。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

先月に引き続き、体調は気にかけておくといいときです。やるべきことが多く慌ただしいときですが、あわてて片っ端から手をつけていては永遠に終わらないような気持ちになって気力もダウンしてしまいそう。まずは全体を見渡して、現状整理から始めてみるといいでしょう。いくつかのことはまとめて作業できるなど、効率のいい方法が見えてくるはず。初速はふるわなくてもだんだんスピードが上がり、モチベーションも維持しやすいはず。

対人運

仕事でもプライベートでも、接する人の「子供っぽさ」に鼻白む思いに。「あのさあ……」と苦言のひとつでも呈したくなるかもしれませんが、そう見えるのはあなたが今、ぐぐっと大きく成長する段階にあるからかもしれません。その人はその人のスピードで成長するので、今は待ってあげてはいかがだろうかと思います。もし、仕事などで「待っていられない」ということであれば、あれこれうるさく口を出すよりも「一緒にやろ!」と呼びかけてみるといいでしょう。

金運

ショッピングは今ひとつふるわないかも。特にセールは、意気揚々と買ったものほど「思ってたのと違う」となりがちです。どうしても必要なもの以外は、できるだけ冒険はせず「いつもと同じ」を選択するのが安全でしょう。なお、額は小さくとも人にお金を用立てるようなことは、一切しないでおくこと。借りる場合も、いつの間にか話がねじれてしまいがちです。万が一、貸し借りが発生する場合は、1日も早く返済するようにしましょう。

吉方位

1日:東、南西、北西 2日:南東 3日:南東、南、北 4日:南、南西、北東 5日:南西、西、北 6日:西、北 7日:南 8日:自由に過ごす日 9日:東、西、北西 10日:東、南東、西、北西 11日:南東 12日:南 13日:東、南西、北西 14日:南西、西、北、北東

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。